チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 書初めと餅つき大会

<<   作成日時 : 2017/01/13 22:47   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 20

今年もチューリッヒの日本人会
(正しい名称はジャパンクラブ・チューリッヒ)
主催の書初めと餅つき大会が開かれました。

場所は日本人学校、参加者約50名

画像


画像



画像


私も日本人会のメンバーとしてお手伝いに駆けつけました。
主としてお餅のためのお汁粉、きな粉、納豆、のり、大根などの下準備です。
次々とお餅を炊きながら、できたお餅を小さく食べやすいサイズにまとめるのも私達の仕事。

画像

お餅を搗く作業もお客様に楽しんでもらうために
会場にはこういう杵やうすを準備して〜。

スイス人と子どもは大喜びでした。

食べていると、何やら日本風な音楽が鳴り始め、
画像


獅子舞の登場です。

画像


というわけで、思い切りみんなで食べました。
搗き立てのお餅は本当に美味しいです。

今回、私は先生がたの熱意というか、一生懸命さに本当に感動しました。
子どもたちを喜ばそうと、とにかくみんな働き者です。

こういう企画の後ろには、たくさんの作業があるのですが、
先生方、実に真剣に、必死に自分が担っている作業を
黙々とこなしつつ、生徒たちと歓談し、お餅を勧め、
校長先生も大根をおろしました。
まして当日は雪でしたから、
参加者が困らないように、早朝からきちんと雪かきまで・・・

若い先生方は獅子舞までこなしてしまう…・

素晴らしいなあ〜と思いました。
この方々本当に子供が好きなんだな、いえ、人間が好きなんだな!と思いました。
日本人学校の先生に乾杯です!


苦しいほどに食べて、お持ち帰りの分まで出ました。
ビニール袋に入れて皆さんに配りました。ハッピー気分の日曜日でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですね、書初めや餅つき大会・・・・日本人学校の体育館に50人もの日本人関係者が集った、事実上の「新年会」ですよね。
普段は「右を向いても左を向いてもスイス人」と言う環境で、一生懸命頑張って生きている一人ひとりの日本人が、この日ばかりは50人も集まって暖かい交流の輪が広がるんですから、気分も高揚しますよね。
矢張り日本人は真面目で、努力すること、耐えることが出来る国民だと思います。
学校の先生方も、集まってくる子供たちや父兄たちの日頃「努力する姿」を見ているのでしょう。
この日は先生方も頑張って大会を盛り上げようと知恵を絞り、資材を準備して工夫を凝らした演出を段取りしてくれるのだと思います。
araraさんも日本人会の幹部として、頑張りましたね。
よかったよかった。写真や行間から、暖かい雰囲気が伝わってきますよ。
araraさん、ありがとう・・・・ちょっぴり胸が熱くなってしまいました。
あきさん
2017/01/14 10:08
習字きれいですね。
海外にいて、日本の習慣や祝い事をするのは大変でしょうが子供にはいい教育、思い出になりますね。お手伝いご苦労様でした。
What's up?
2017/01/14 12:32
餅つき大会、いいな〜。
12月に日本では餅つき大会で食中毒が発生。
1月のもちつき大会。餅はついても食べられず、既製品のもちをお持ち帰り。
一般人
2017/01/14 15:50
こんばんは。
何か日本より日本らしい風景ですね。
臼や杵でついたお餅はこしがあって本当に美味しいですよね。
我が家も子供達が小さい時、義父が納屋から古い臼と杵を出して来て、友達を誘い皆で持ちつきをしました。
楽しかったし美味しかった。
今日本でも殆どの人達はスーパーで伸し餅を買っているのではないでしょうか…。
我が家も臼・杵では既につかなくなり、電気の餅つき器です。
でも餅のこしや伸びは全然違います。
日本人学校の先生方の暖かな心優しいお人柄が写真を通じて伝わって来ましたよ。
イエティ1号
2017/01/14 17:55
そうですね。日本人学校の今年初めてのイベント、新年会の意味もありますね。日本人はまじめです。本当にきちんとしています。それは誇りに思ってもいいと思います。
今回は先生方が、本当に一生懸命、表に出ない部分もしっかりと仕事を次々とこなしている姿に、私はとても感動して、あきさんのように胸が熱くなりました。そのことをブログで発信したかったのです。
あきさんへ
2017/01/14 17:57
皆さん、なかなか上手でしたよ。スイス人は書き順に迷っているようでした。またやっぱり筆の使い方が難しかったようですが、それでも楽しんでいました。
what's up?さんへ
2017/01/14 17:59
「お餅をついてもたべられない」それは悲しいですね。搗き立てのお餅の美味しさは味わってみないとわからないのですが・・・・
一般人さんへ
2017/01/14 18:00
残念ながら、餅つき機で作ったものを臼に移して、それをぺったん、ぺったんだったんですよ! 時間の関係上、そうするしかなくて。でもお味は最高でした。
先生方の熱心さ、子ども思いの気持ち、本当にジーンと来るようでした。朝早くの雪かきは大変だったと思います。暖かい人々だなあ〜と痛感しました。
イエティ1号さんへ
2017/01/14 18:04
石臼で本格的ですね。海外のほうが純粋な日本の伝統文化を受け継いでいるような気がします。日本人学校の先生にあこがれて、大昔、説明会も聞きに行ったことがあります。すごい条件が厳しくて、3次試験くらいまであって、きっぱりあきらめました。
りんご
2017/01/14 19:39
こんにちは。
日本人会主催の書初めと餅つき大会が盛大に楽しく開催され良かったですね。習字やお餅などの日本独特の文化を海外で広められるのは嬉しい事です。三味線の演奏で獅子舞を披露するのは面白いですね。
華の熟年
2017/01/14 20:21
あ!りんごさん、そうだったんですね。そんなに厳しい試験が3回もあって、それに合格して皆さん、こちらにいらしているんですか!先生方、若くてもなかなかの人物とお見受けしました。その理由がわかりました。
りんごさんへ
2017/01/15 00:07
今年初めて獅子舞が登場しましたので、みんなびっくりで喜ばれました。まさか先生が中に入っているなんて、生徒たちも気づかなかったのでは?
華の熟年さんへ
2017/01/15 00:09
araraさん、先生方、大変な準備と優しい心遣いで、
皆さん喜ばれたご様子良いですね。
日本の文化で皆さんを喜ばせたいと言う思いだけではなく、araraさんや先生方も一緒に楽しんでらっしゃる感じがして、余計心が温まりました。。

すずりん♪
2017/01/15 00:48
みんなでおしゃべりをしながらお餅を食べて、とても楽しかったですよ。お子さん連れの若いお母様たちがたくさんで、みんな頑張っているなあ〜と思いました。先生も、お母様方も、異国で頑張ってます!
すずりんさんへ
2017/01/15 06:13
お正月らしい行事ですね〜🎍 日本では、年末恒例のお餅つき行事が次々と中止になったと、ニュースで毎日話題になってました。 理由はノロウィルスの流行です。 賛否両論でしたが、こうして日本のお正月の楽しい行事が無くなるのは、子供達を始め関係者には残念だと思います。 スイスの皆様が書き初めやお餅つき、獅子舞など盛り沢山で楽しんでらっしゃるのは、とっても素晴らしいと思います👏😊
マックママ
2017/01/15 12:03
スイスの日本人学校、頑張っておいでですね。
息子たちは バグダッドの日本人学校でお世話になりました。悪条件の中で のびのびと 育ちました。
ハイジママ
2017/01/15 12:22
ノロの場合、感染力がすごいそうですから、やむを得ない判断だったのかもしれませんが、それでもやっぱり残念。こちらでは毎年この行事が開かれるのですが、一度でも参加した人は美味しいお餅がたくさん食べられるし、日本文化としての書道をスイス人にも知ってもらえるということで定評あるイベントになっています。
マックママさんへ
2017/01/15 18:29
バブルがはじけてから生徒数が激減しましたが、先生方、頑張ってますよ。日本の学校との違いはほぼマンツーマン方式で、子どもたちも先生も、もう家族のような感じらしいですよ。
ハイジママさんへ
2017/01/15 18:31
日本以上の風習が残っています。やはり裏方さんの努力の賜物でしょう。皆さんの熱い力が伝わってきます。
ノンキーハイカーズ
2017/01/16 11:09
ね、そうなんですよ。裏方の先生方、本当に良く頑張りました!
ノンキーハイカーズさんへ
2017/01/16 19:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
書初めと餅つき大会 チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる