チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS のれんの色

<<   作成日時 : 2017/07/23 23:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 14

画像


九州だけでなく東北地方も豪雨被害が出ているようです。

家屋の浸水などは、本当にひどいですね。
雨水だけならばクリーンな印象ですが、
こういう時の水は、ほぼ泥水と考えたほうが良くて、
津波被害と同等の被害になりそうです。


九州の被災時には自衛隊が
お風呂に入れない人のために男女別にお風呂を設営してくれた、
というニュースを見ました。

そこにはちゃんと男性用、女性用の違いが分かるように
ピンク(赤)ののれんと、紺色ののれんがかかっている、

その様子をネットで見て、

「外人にはその色の意味することが分からない!」と、ある出来事を思い出しました。

画像


2年前にスイス人親族を引き連れて日本旅行した時に、
なんと!義弟が間違って女風呂に浸かっていたのです。

幸いに早朝だったことと、小さな旅館のお風呂だったので、
誰にもご迷惑はおかけしなかったのですが

茫然としてしまった私!

「ちゃんと赤いのれんがかかっていたでしょう!あれは女性用ということでしょう」
と言いましたが、ヨーロッパ(少なくともスイス)では
赤が女、紺色が男という区別なく、皆不思議そうな顔をするだけ。


この区別は日本人の認識であることがはっきりしました。

温泉宿の方々、
この点をくれぐれもご注意ください。

日本を旅行する外国人が増えていますが、
赤やピンクだから女性、紺色だから当然男性用、と断定することはとても危険です。

むしろ「for men, for women」とどこかに大きく書いておいたほうが良いと思われます。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
温泉のシンボルマークも一時話題になりましたね。
日本の温泉マークは外国人には分からない。ましてや色ではわかりませんね。 文字で表示するか、共通マークを設定しないとダメですね。
What's up?
2017/07/24 09:11
こんにちは。
日本では色で男女の区別できますが、外国では通じないとは知りませんでした。おっしゃる様に日本を旅行する外国人が増えているので、間違わないように文字で書く必要ありますね。
華の熟年
2017/07/24 12:25
断じて赤の温泉マークだけでいいと思います。
間違って女性湯に。
男は皆そう。
怒られるかも!!
私が銭湯オヤジになったらそうします。

今日はエッチ男になりましてすみません。
ノンキーハイカーズ
2017/07/24 13:16
昔、外では男女の区別がしてあったのに、中へ入ったら同じお風呂! と言うことで 驚いた事があります。
おまけに 入るところは段々になって居て・・・下の湯から、男の方に覗かれている!若い娘時代だったから それはそれは・・・もう〜〜大変な思いをしました。
日本も江戸時代は混浴が平気であったとか! 
ハイジママ
2017/07/24 16:19
なるほどなるほど・・・・このお話とは関係ありませんが・・・・たいていの温泉旅館では、男湯と女湯を毎日取り換えていると思います。
つまり昨日、左側の「ゆ」が男湯だったが、今日は左側が女湯になっているということですね。
これも外国人に勘違いされるケースですね(微笑)。
さて、トイレにはほぼ万国共通のマークがついていて、外国人でも間違うことがないと思います。
でも、お風呂にもあのトイレのマークでは趣がなさすぎるような気もしますよね(微笑)。
ところでヨーロッパでは皆さん水着姿で温泉に入りますから、そもそも男女の区別はないですよね。更衣室は別々でしょうけど・・・。
あきさん
2017/07/24 17:05
オリンピック前にそういう部分もしっかりと整備しておかないと、迷う外国人客が増えますね。温泉マークも日本だけで通用するようですので、一考が必要みたいですね。
what's up?さんへ
2017/07/24 22:05
その時まで「日本では色に男女差があること」に私も気づきませんでした。現実洋服などでも男女差のある色というのは基本、ないですね。赤であろうがピンクであろうが、「これは女の色」と感じていないということですね。
華の熟年さんへ
2017/07/24 22:08
ははは。ノンキーハイカーズさん、間違ったふりをして女湯に行ってはいけませんよ!
ノンキーハイカーズさんへ
2017/07/24 22:10
《外では男女の区別がしてあったのに、中へ入ったら同じお風呂!》昔はありましたね。入ってから「ギョッ!」とするなんてだまされたような感じがしますよね。江戸時代にはおおらかだったのでしょうか?それとも・・・・?
ハイジママさんへ
2017/07/24 22:12
そうなのです。その小さな旅館も、男女入れ替えをしていたので、昨夜もここだったし、今朝も同じところ!と何も考えずに自然に入ったのでしょう。全く悪気はないのですが。
お風呂マーク、新たに考案したほうが良いでしょうね。日本文化ではやはりトイレとお風呂・シャワーは全く別物ですので、一緒にするわけにはいかないですね。
ヨーロッパの温泉ではあきさんのおっしゃる通り、更衣室だけが別々で、水着姿で向かう先は同じ場所です。
あきさんへ
2017/07/24 22:16
な〜るほど。
日本では常識でも世界では通用しないのですね。
温泉マークは外国の方には分からないと議論されてましたが、結局どうなったのでしょう?色も考えないといけないのですね。
すずりん♪
2017/07/25 00:04
男女の色分けは、私にとっては当然の常識だったのですが、ヨーロッパ人にとっては常識ではないのだとその時点でわかりました。何十年もこちらに住んでいても知らないことがあるんですね〜。
すずりんさんへ
2017/07/25 00:18
成程ね〜、男は青、女は赤…私達日本人は小さい頃からその様な先入観を持たされている様ですね。
日本人は今はそれ程でなくても、昔は女のくせにとか男なんだから、とか男・女でそれぞれ違う事を求められて来た様ですね。
長短があるけれど、これらは日本独自のものなのですね。
イエティ1号
2017/07/25 10:56
この違いは驚きでした。自分にとっては当然○○だろうということが絶対的ではないことを知りました。私たちは気づかないうちに日本人としての通常の感覚が育てられているのですね。言葉を代えれば、異文化理解というのはそうたやすくはないということで、世界の紛争や政治問題を自分だけの尺度で計ろうとすることはとても危険なことではないか、と思いました。
イエティ1号さんへ
2017/07/25 19:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
のれんの色 チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる