チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 恒例のアジア・ビュッフェへ

<<   作成日時 : 2017/11/23 18:44   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

年に一度、約1か月の期間だけ今の時期に開催する
あるホテルのアジア・ビュッフェに行きました。
私達は4年間、毎年行っています。

画像


今年の階段の飾りつけはアジア風傘でした。

画像


今年はインド、タイ、中国、イラン、そして日本。
日本と言っても寿司と刺身だけですね〜

その年によってビュッフェ内容は大幅に変化してます。
食事の合間のショーも毎年いろいろと変わりますが、
日本からの曲芸師カップルは去年と同じご夫婦でした。
わざわざ「今年もスイスにやってきました」と
私の席まであいさつにいらして、恐縮しました。

他にもロビーで折り紙のデモンストレーションをしている日本人男性も
知り合いで、「いやあ〜一年ぶりですね〜!」と会話。



今年も味は良かったです。私は寿司や刺身の他には大体タイ料理をいただくことが多くて、タイ料理の美味しさは毎年変わりなくとても良い味なのです。

そこで働いているウェイトレスさん同志がちょうど私の後ろで会話をしてました。
なんと日本語でしたので、思わず振り向くと、「araraさんですよね、私は〇〇です〜!」と。

え?どこでお会いしました?(まるっきり覚えていない)

最近こういうことが多くて、我ながら情けないのですが、私の名前だけはどうやら在チューリッヒの人々はご存知らしく、呼び止められることが多いのに、こちらの記憶力の無さに愕然とすることも。
(ん?もしかして認知症の始まりか?)

隣の席にアメリカ人家族がいましたが、
次々と日本人が私の席にいらして、お話するのをちょっと驚いてみていましたね。

その家族の10歳ぐらいの少女が
チョコレートで入れ墨スタイル。

画像



「写真を撮ってもいい?」と聞いたら、
「もちろん!」と、むしろ誇らしげに手を広げてくれました。

本物の入れ墨よりは
チョコレート入れ墨ならば
あとで舐めって、片づけられます。
インド人にロビーで描いてもらったそうです。
これもお客様用のエンターテインメントの一つでした。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
araraさんは顔が広いのですね。日本人の皆さんも楽しく話してくださるararaさんに挨拶に来るのですね。
アジアといっても色々な国があります。スイスは国際色豊かですね。
What's up?
2017/11/23 19:00
イラン料理は全然イメージできないのですが、そのホテルで出されるお料理は一般的に日本人がイメージするインド、中国、タイと同じなんですか?
チョコレートの入れ墨、肌のぬくもりで溶けてしまわないか心配してしまいます。
すずりん♪
2017/11/23 20:47
顔も広いかもしれませんが、こちらの滞在が長くなった、ということが大きいかも。最近特にスイス在住の日本人が多くなり、しかも国際結婚が多くなって、様々なサークルができています。すごい山奥の村なんかに暮らしている日本人もいたりして驚きますよ。
what's up?さんへ
2017/11/23 23:14
イラン料理はやっぱり中近東のお料理で、豆や小麦粉、トウモロコシを利用したものが豊富です。そうですね、やっぱり私たちがイメージしている海外のお料理、そのままが出てきています。インドのカレーにしても何種類もの違うカレーが並びます。
あのチョコレートは溶けにくいブラックチョコレートを使っていると思いますよ。入れ墨よりははるかに良いです。
すずりんさんへ
2017/11/23 23:17
ホテルのアジアビュッフェですか、なかなか面白い企画ですね。
1ヵ月間も続けるのは大変かと思いますが、人気があるようですから、さすがはプロの企画で、様々なアトラクションが組み込まれているのでしょうね。
それにしてもチューリッヒでのararaさんの知名度は国際政治家並みですね(微笑)、すごいと思います。
そちらで長年にわたって積み上げてこられた地道な活動が、いつの間にか貴女を”キーウーマン”(キーパースン?)として皆なさんに認められる存在に導いた、ということだと思います。すごいことだと思い、尊敬いたします。
これからも両国の関係発展のためのご活動をお願いします。
あきさん
2017/11/24 09:49
お食事の合間に見せてもらえる曲芸やインドのダンス、あるいはロビーでの折り紙披露、占いなど、ちょっとアジアならではの面白い企画です。今回私達は初めて日曜日のブランチタイムに出かけてみました。これまではディナーの時でしたが、ブランチもずいぶん充実していました。
スイスに長くなるにつれ、日本人の間では知らない間に有名になっていたようです・・・・今後も日本人であることを誇りにしっかりと生きて行かなくちゃ。
あきさんへ
2017/11/25 04:46
こんばんは〜。
お国の日本、スイスの他にもインド、タイ、中国、イランの料理を一度に楽しむ事が出来るなんて良いですね〜。
楽しそうです
こちらが分からなくても声を掛けてくれる方が沢山いらっしゃるのは嬉しい事ですよね
イエティ1号
2017/11/25 18:34
様々な国の違う味を一通り食べてみて、二皿目はその内美味しかったものを取りに戻る、という普段は楽しめない方法でいただきました。このイベントはさらにショーまであるので、料金の半分はエンターテインメント料ですね!
イエティ1号さんへ
2017/11/25 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
恒例のアジア・ビュッフェへ チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる