チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS スイス国営テレビ

<<   作成日時 : 2017/12/01 00:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 11

スイステレビ局の見学に出かけました。

受付のためのロビーに行ったら、
歓迎日本人会(ジャパンクラブ)と壁面のテレビ約20台に出ているじゃありませんか!
しかも日本語(横文字)で「いらっしゃいませ」とまで。
これは嬉しい!

画像


まずは本日の案内ガイドさん、たまたまだったのですが、担当者が日本大好きスイス人で、今でも日本語の勉強をコツコツと続けている人でした、ですから時々日本語の入る説明を受けられました。

その方の案内で18:00から案内がスタートします。

画像



廊下は飾り気無しの壁面で、
荷物がいろいろと整理されて置いてありました。

画像


テレビ局にはあまり人が居ません。
どうやらスイスのテレビ局では17時までの勤務が多いようですね。

録画はほとんど日中にするようです。スタジオをたくさん見せてもらいました。
空っぽ状態なのですが、どのスタジオも何かの番組でここを見たことがあるなあ〜という印象がありました。

画像


画像


画像


どのスタジオも天井のライトがたくさん並んでいます。
これだけライトを使ったらすごく暑くなるのでは?と聞いたら、
室温はコンピューターで自動管理されていて、冷たい空気が部屋に入ってきます、とのこと。なるほど。

画像


そして肝心のカメラ
画像


様々な種類のカメラが、たくさん、たくさんどのスタジオにもあるのですが、

全て「ソニー」製品!
日本人として誇りに思うのはこんな時です〜〜〜!

小道具を置いた部屋なども見せてもらいました。
ありとあらゆるものが並んだお部屋です。

7時半、ガイドのニックさんが
「さあ〜生番組を見に行きましょう」と日本語で。

誰かが「番組なんて言葉をつかえるなんて、日本語、凄いですね〜」と言ったら、ニックさんは「ビールの方が私には大切な言葉です」とのこと。

さあ、その生番組、ちょうど夕方のニュースが始まりました。
テレビ画面でしょっちゅう見かける男性ニュースキャスターが登場していました。


画像


彼らは単なるアナウンサーではなくて、ニュースキャスターですので
ニュースの合間に入れるお話も自分で考えて話すのだそうです。

画像


こちらのコントロールルームでは、今どのカメラか、映像に切り替えか、再びスタジオに戻すか、ということをキャスターに伝えています。スタッフ、たったの4名です。

そしてキャスターは自分が写っていない時間は
手元のパフで、顔のテカリが出ないようにお化粧(?)というか、テカリ止めをたたいてます。

因みにキャスターはスタジオに一人でいて、カメラは全自動なのだそうです。
要するに、カメラマンはそこにはいなくて、コントロールルームからコンピューターでカメラの選択をして動かしているのだそうです。

それがとっても面白くて、じっくりと見せてもらいました。

最後に皆さんとテレビ局の社員食堂で軽く夕ご飯を食べました。

そうそう、お土産が出ました〜缶入りのボンボンでした。

画像







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
私はTV局を見たことがありませんが、もっとにぎやかな職場だとおもっていましたが、すっきりときれいですね。終業後にしてもきれいですよね。日本人会、頑張って活動していますね。
What's up?
2017/12/01 08:57
もしかして、チューリッヒの日本人会にご招待があったのですか?それはよかったですね。araraさんが代表で・・・(微笑)。
日本(日本人)がスイス社会でしっかりリスペクトされているんだなあ、と思います。araraさん達の長年にわたる友好活動の、功績の一つですね
さて、写真で見る限り、どこも整理整頓が行き届いていて、いかにもスイスの会社(組織)、と言う感じですね。人影も殆どないし。
ところで、国営TV局ですから、日本で言えばNHKですよね。他に民放の局は複数あるのでしょうか。
日本ではNHKをはじめ、日テレ、アサヒTV,TBS,フジTV、TV東京など、在京の各TVは殆ど24時間、放送を続けています。私はこの状態を「電波の垂れ流し状態」だと思い、もったいないと考えていますが、スイスでは如何でしょうか。矢張り24時間電波を流していますか。
スイスでは隣国であるドイツ、フランス、イタリアなどの放送もチャンネルを切り替えれば見れるようになっていますか。
スイスの放送局は、何ヶ国語で放送していますか。
あれあれ、コメントではなく、質問攻めになってしまいました。ごめんなさい。
でも、私としては以前から知りたい、知りたいと思っていたものですから・・・・お許しください。
あきさん
2017/12/01 11:30
araraさん、しつこくて申し訳ありません。もう一つ大事な質問があります。国営放送への受信料は円価にして年間どぐらい支払っていますか。
無礼な質問の数々で誠に、誠に申し訳ありません。伏してお詫び申し上げます。
あきさん
2017/12/01 11:48
私も同様に「ずいぶんすっきりしたテレビ局だ」と思いました。イメージとちょっと違っていました。
日本人会の企画担当委員は毎月どんなイベントをするかでずいぶん悩むようですが、本当に良く頑張ってます。ボランティアですので頭が下がりますよ。
what's up?さんへ
2017/12/01 15:56
たくさんの質問、嬉しいです!
こういうイベントの場合、こちらからアプローチしています。グループ見学をいつも受け付けている公共機関がたくさんあるんですね。SRFテレビは国営ですが、視聴料と広告収入、税金で賄っているそうです。国営ですが、コマーシャル収入は大きいのではないでしょうか?日本ほど広告が多くはないですが。そしてある時間になると放映は終了するようですが、遅い時間の放映はほとんどが再放送のものらしいです。(そんなに遅くまで見ていないので確実ではないですが)あと面白いのは同様に、ベルン地方、ジュネーブ地方などにも小さなテレビ局があり、地方の言語で流すらしいです。SRFに関してはスイスドイツ語専門ですね。ドイツ人には理解できないと思いますが。
フランス語やイタリア語だけでなく、ものすごいチャンネル数があり、東ヨーロッパ〜トルコあたりまでの電波が入ってきて選択に困るほどですが、私達はドイツ語と英語の番組しか見ることはありませんね。
受信料は電話代とネット代が混みになった料金なので、夫に聞けばわかりますが・・・・ごめんなさい。
あきさんへ
2017/12/01 16:12
今になって 「笑っていいとも」の 視聴者参加企画に 参加しておけば良かったかな?と 思ってます!(笑) まぁ 本番には 出れなかっただろうけど?
まだこもよ
2017/12/01 17:38
あ、そんなチャンス、逃しちゃったんですね〜!何でもやってみることですよ、思い出になります。
まだこもよさんへ
2017/12/01 18:02
スタジオ見学、楽しそうですね。
その上日本大好きスタッフの方が、日本語を混ぜてのガイドなら又格別の楽しさでしょう。
そうそうソニー、昔よりちょっと勢いが無くなって来て寂しく感じていましたが、全てソニー製品とは嬉しいですね。
昔はS・O・N・Y ソニーッって言ってましたよね
イエティ1号
2017/12/01 18:14
とても興味深く、楽しい見学会でした。夕方からの企画のためか、参加者が予想よりも少なかったのですが、こういう企画はどしどし開いていきたいですね。
ソニーさんの「マイ ファースト ソニー」という子供向けの電気製品が印象が強く残っています!頑張れ!ソニー!
イエティ1号さんへ
2017/12/01 18:37
テレビ局は意外にすっきりしていているのですね。
スタジオはキャスターが一人とは驚きです。
日本大好きで、おまけに生番組より生ビールのが大事というユーモアのあるガイドさんでより楽しめたでしょう。
カメラは全てソニーというのも嬉しいですね。
すずりん♪
2017/12/02 21:05
そうなんですよ〜キャスターが一人でスタジオに閉じこもってあとはモニターを見ながら合間に説明を加えているのは、とても興味深いことでした。
日本が大好き!という人が時々います。やっぱり日本に一度でも行ったことがある人は皆さんに大切にされるので、好きになってくれるようですね。
すずりんさんへ
2017/12/03 03:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
スイス国営テレビ チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる