チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 多忙期間の合間に

<<   作成日時 : 2017/12/23 01:15   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 14

忙中閑、義母と三人で温泉へ。


これは義母の誕生日に上げたプレゼントでした。
3人で温泉へ行って帰りに夕食を、という切符を上げたのでした。
出来たら年内に完了させたいと思っていましたので、天気予報を見ながら日程を決めて行きました。

車で約一時間かかる距離ですし、
一人では絶対に行けないので、
義母もとても喜んでくれました。

肌がすべすべして
気持ち良い一日を過ごし、帰りに寄ったレストランでは

画像


3人で仲良く、美味しく時間を過ごしました。

義母はめったに食べることのない「子牛のレバーの香味ソース」というのを注文して「これは美味しい!本当に素晴らしい味付け!」と言っていました。

私のお皿はこちら。

画像


温泉で泳いだ後、あまり重い感じのものは食べたくなかったので
「何か軽い物は?」と聞いたら
「ではフィットネスメニューでは?」ということで

子魚とイカのフライとサラダが一緒に盛り付けられたもので
タルタルソースとフライドポテトが別についてきました。
どちらかと言えばスタンダードなメニューですが、
こちらもなかなか良いお味でした。

ハッピーなおばあちゃんの様子に「良かった!」と思いながら
彼女の住む老人用マンションまで送って、帰ってきました。


今回は義母の老化が進んでいる実感を抱きました。

義母は老人用マンションに引っ越ししてから
階段の上り下りが無くなったし、家事もそれほど大変ではなくなり、
楽に生活をしているせいなのか、
ちょっと体重が増えたのです。

その体重が膝に来ているようで、
歩くのが難儀な様子でした。


車から降りて、10歩歩くと立ち止まり、
また10歩で止まり、と。
あれ〜〜〜、お義母さん、一体どうしたの?
と思うほどにゆっくりゆっくりの動作になったこと。

さらに耳が良く聞こえていない。
会話に時々「え?何のお話?」と思うような食い違いが生じます。
補聴器を途中でかけてもらいましたので、その後は大丈夫でした。

ああ、そうか、歳が行くということはこういうことなんだな〜と。

あれこれ出来ていたことが出来なくなる。
いつか私自身の問題として、そういうことが起こるだろうな〜と思いつつ
老化現象の現実を見せてもらったような気がしました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
義母さんとご主人の3人で温泉ですか、楽しかったでしょう・・・・日本人にはとてもぬるく感じる温泉ではなかったですか、38度とか・・・それともararaさんも欧米人の好きなぬるいお湯になれてしまっているかな(微笑)?
イカのリング揚げ、見た感じは日本と同じですね。欧米人も近年では結構イカを食べるんでしょうか?
義母さんの歩き方・・・・10歩歩くと立ち止まるというのは、膝の関節もあるのでしょうが、主な原因は心臓だろうと思いますね。心臓が悲鳴を上げているんですよ。
これは高齢者に特有の現象ですが、大柄で太っている人には特に起こりやすいものです。少しやせるとよいのですが、人間好きな食べものを抑えるのは難しいことですからね。
araraさん、いつも立ち入ったコメントでスミマセン。
あきさん
2017/12/23 09:43
良い時間を過ごされましたね。
夫婦二人でいると、同じように歳をとっていくので、感覚的に若いつもりでいますが、確実に歳をとっていきますね。使わない筋肉は衰える! できるだけ動いて保持に努めましょう。
What's up?
2017/12/23 10:31
いい旅をされましたね。
義母様も素敵な記念日になられたでしょう。
歳を重ねるごとに一番感じるのが足の老化を一番感じ、階段(下り)や坂道でそれを自覚してしまいます。
どうぞどこでも結構ですから連れて行ってあげてください。最後の楽しみは食べることと見ることですがどうしても誰かに頼らないと出来なくなります。
家の母も1年ごとにそれを感じ、満足できることをすることはできませんでしたのでお疲れが出るでしょうがお願い致します。
ブログを読ませて頂いて昔の思いが過りました。
失礼します。
ゆらり人
2017/12/23 10:38
こんにちは。
義母様の誕生日のプレゼントに温泉へ行かれて、美味しい食事も振舞われ、喜んで貰って良かったですね。親孝行は生きている時にこそ価値がありますね。小生は親孝行を殆どしなかったので羨ましくもあり、araraさんの親孝行は立派だと思います。
華の熟年
2017/12/23 10:56
親は生きているだけでありがたい。息をしているだけでありがたい。つくづくそう思うのです。araraさんのお気持ちが伝わってきます。ありがとう、ご苦労様でした。
ノンキーハイカーズ
2017/12/23 11:45
そこの温泉は様々な温度のプールがあるので、初めはぬるめの所、だんだんと水温の高い所へと変えて、最後は41度程度ですね。温泉水に海水と同じ%の塩をくわえていますので、目に入るとちょっとヒリヒリでした。
義母の立ち止まりは、あきさんの言うように心臓関係ではないかと私も思いました。呼吸も少し苦しくなるようで、一番良いのは体重を減らすことなのですが、老人にそのように言うのも可愛そうなんですよね。夫家族は食べることが平均以上に大切と思っているし、グルメ揃いで、食べ物の調整は一番つらいことのようなんです。
あきさんへ
2017/12/23 19:40
この義母の様子を見て、真剣に自分の肉体を鍛えることを思いました。普段何も運動らしきことをしていないので、2018年の目標として、肉体の鍛錬〜何が良いのかな?〜を一つ加えます。
what's up?さんへ
2017/12/23 19:42
コメント、ありがとうございます。生きているうちにより積極的に夫の親孝行にお付き合いしたいと思っています。今はクリスマスも義母がいればこそ兄弟が全家族を連れて集まりますが、義母がいなくなってしまったら、それもどうなりますか、どうしても家族イベントは形を少しづつ変えていくのが自然でしょうからね。
ゆらり人さんへ
2017/12/23 19:46
できる限り夫の親孝行にはお付き合いしていきたいと思っています。いつまでも生きられるわけではありませんし、今できることも徐々にできなくなってしまう時が来るでしょう。それはもう、お互い同じですよね。
華の熟年さんへ
2017/12/23 21:43
《親は生きているだけでありがたい》本当にそうですね。生きていれば一緒に楽しむこともできますし、一緒に味わうこともできます。私も父が亡くなってから「生きていたら・・・・」と思うことがありますもの。
ノンキーハイカーズさんへ
2017/12/23 21:45
今年のお誕生日プレゼントを今年のうちに実行できて良かったですね。本当に素敵なプレゼントですね。若い時のように自分で自由に行動できないですものね。
老いる、両方の親を見てて、自分に置き換えいろいろ考えてしまいますが、なるようにしかならないのかな?
すずりん♪
2017/12/24 18:57
義母が出かけるときには大体近くに住む弟夫婦のどちらかが車を出してくれるのですが、あいにく私達は義母のところまで45分は車でかかるために、今回は久しぶりで一緒に行動出来ました。久しぶりだったので、以前と比べて老化していることに気が付いたわけです。みんな歳が行きますけど〜長く生きてほしいですね。
すずりんさんへ
2017/12/24 21:16
お義母様、どんなにか楽しくて嬉しかった事でしょうね。
以前にも思った事ですが、やっぱりお義母様はお幸せに過ごしていらっしゃいますよ。
段々と老化が進んで来る。
そろそろ、自分に被って来て他人事ではなくなりますね。
まだまだ、と思える内に、出来る内に遣りたい事を後悔の無い様にクリアして行きたいですね。
って、この年で遣りたい事がまだまだあるってかぁ〜と思っちゃいましたが
イエティ1号
2017/12/25 16:06
そうですね〜嬉しかったようですよ。老人用マンションでも時には希望者を集めて温泉に行く計画もあるようですが、家族で行けるのはやっぱり嬉しいでしょうね。しかもおいしい夕食付。
義母の様子を見て、やっぱり私も肉体を少々鍛える程度のことはしておかないといけないと思いました。新年の新たな目標になりそうです。
イエティ1号さんへ
2017/12/25 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
多忙期間の合間に チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる