チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年への年越し

<<   作成日時 : 2018/01/01 23:40   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

今回の年越しは夫婦二人だけで
和食レストランを予約しました。

チューリッヒ郊外にある和食レストランと和風旅館が一つになったところがあります。
そこが「Hasenberg ウサギ山」というレストランです。

とても良かったです。

まず,料理が良い、音楽が良い、全体の調整がとても良い。
ということで、そのお料理をご紹介します。
「おおつごもり」という会席料理をいただきました。

画像




開始は7時から、
6時半ごろ到着して梅酒など飲んでいるうちに7時前には大体席がすべて埋まりました。

そこからお食事が運ばれてくるのですが、
スイスに居ながらにして、こんな素敵な会席をいただけるなんて!と感動するものが出てきます。

前菜「レモンの釜盛り」
画像


「土瓶蒸し」の後は「酒肴五献」
画像

内訳はサーモンてまり寿司、合鴨のロース、モズク長芋落とし、牛の時雨煮、キャビア

そして「お刺身の盛り合わせ」、3種の自家製のたれで味わいました。
画像


「箸休め」として生ガキが一個。写真はありませんが、ものすごく新鮮で、こんなおいしく感じたことはないというほどのさっぱり感には驚きました。

煮物は「オマールの具足煮」
画像


そして「和牛ステーキとフォアグラ、ワサビソース」
画像

 量がたっぷりあったのはスイス人好みにしたのでしょうか?私には多すぎました。

酢の物は「生のホタテと海老のウニ合え」、これがすっきりした味付けで感動。

そしてご飯は
画像

「蟹の蒸寿司にいくらこぼし、とムール貝の味噌汁」


こんなに食べたの?とお思いでしょうが、
7時から11時半ぐらいまで時間をかけて一つ一つ出てきますので、
意外と、食の細い私でも全部食べられるのです。


そして12時、カウントダウンが・・・・

みんなで立ち上がってシャンペンでラッキーな2018年のために乾杯!

それまで各テーブルがそれぞれでおしゃべりしていたのですが、
乾杯と同時に、隣も向こうも、あちこちに移動しながらみんなと乾杯し始めてちょっとした会話を交わしたり。
花火も始まったので、テラスに出て行ったりして、移動が始まります。
そこでも「araraさ〜ん、きてたのね〜!かんぱ〜〜い」という訳で、
日本人の知り合いが数名。


そして何よりも素晴らしかったのがこちらです。

画像



合間、合間にこの方たちの音楽演奏があるのです。
ピアノ、マリンバ、太鼓、ヴァイオリン、トランペット、

顔なじみの方ばかりなのですが、とっても素晴らしい演奏と選曲でした。

特にYさんのヴァイオリンにはみんな唸るほど感動していました。
そうなんです、彼女のヴァイオリンは本当にいつもいつも素晴らしいのです。
このためだけにでも来てよかった!と思いました。

そんなわけでとても良い年越しを迎えることが出来ました〜!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
いや、豪華ですね。
 スイスで和風を味わい、年越し、これで除夜の鐘でも聞こえて来たら日本以上の日本ですね。
ご夫婦で素晴らしい年越し、今年もいい年になりますね。
What's up?
2018/01/02 09:45
いやー豪華絢爛といった感じの本格懐石料理ですね。
日本に居ても、これほど豪華な懐石は食べられません。それに料理の数が凄いから、これは矢張りスイス人(或いはヨーロッパ人)のストマックに合わせたものでしょうね(微笑)。
おまけに(日本人の)クラシック演奏者達による本格的な演奏・・・・日本でもこれほどのディナーは望めませんよ。
もうこれからは「本格的な懐石料理」を味わいたければスイスに行きなさい」と言うことになりますよ。ブンダバール!!ですね。
あきさん
2018/01/02 16:49
豪華で素晴らしい懐石料理の年越しでしたね。
お品書きまで準備されて居るお店 日本でも そうそうありません。
アララさん しあわせですね。
ハイジママ
2018/01/02 17:57
昨日は 初詣のあと 『腹減った』の 息子の言葉から b食事に行くことになり・・・で 色々と検討した結果 結局「焼肉食べ放題」になりました!(毎度ですね・・・笑)
まだこもよ
2018/01/03 08:36
araraさん 新年おめでとうございます(^-^) 本年も宜しくお願い致します。 素敵な年越しが出来ましたね〜🎶 沢山の美味しいそうなお料理が出たようですね、私も食べられる量が少ないので、フルコースで一杯出ると勿体ないけど食べきれないのですよ… 。 ゆっくりと時間があって良かったですね〜

今年もまとめ読みで失礼するかと思いますが、宜しくお願い致します(*^_^*)
マックママ
2018/01/03 20:51
こちらの人は年越しにお金をかけるみたいですよ。だからホテルなどでは大きな年越しパーティーを企画募集します。ここのレストランではこの豪華会席をいただけて、それ程高価と感じないお値段でした。ここは日本ではないですからね〜!
what's up?さんへ
2018/01/03 21:37
本当に「ブンダバール!」な年越しでした。お客様はほとんどがスイス人でした。そのこともちょっと驚きました。もっとたくさんの日本人が集まるかと思っていましたので。
ここは格調高く、サービスの人も着物を着用していますし、器などもだいぶ凝ってます。ですから普段からちょっとお値段高めの和食レストランという位置づけなんですね。
板さんも日本から招へいしているのだそうで、高くて当たり前なんでしょうね。
あきさんへ
2018/01/03 21:41
こういうレストランでの年越しパーティーは初めての経験でした。普段は仲間内のメンバーに声をかけて自宅での年越しパーティーを持ち寄りでするのですが、今年は珍しく・・・と。でも主婦にとっては楽でした。そこに行けばエンターテインメントもあるし、おいしい料理もあるし・・・だから毎年そういうことになる可能性も。
ハイジママさんへ
2018/01/03 21:44
「焼肉食べ放題」うちの夫が狂喜しそうです。本当は彼にとっては会席やお寿司よりも絶対的に焼き肉ファンなのです。
まだこもよさんへ
2018/01/03 21:45
おめでとうございます。本当にたくさんの種類のお料理が出ました。ビーフの量が私には多すぎて、夫に二切れ上げました。フォアグラもそれほど好きではないので、それも。やっぱり私は和食党なんですよね〜!
私の方こそ時折まとめ読み状態になりますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
マックママさん
2018/01/03 21:48
明けましておめでとうございます。
まぁ、何と…。
毎年毎年バタバタと新年を迎える私からみたら、何とも羨ましい優雅なお正月ですよ。
私の夢は暮れからお正月に掛けてのんびりと、豪華な旅館の年越しそばを頂き、初詣の後腕利きの職人さんの豪華おせちを頂く事です
が…、息子達を迎えねばならない私には叶わぬ夢の夢…
今年も慌ただしくバタバタの新年を迎えました。
今年もブログ共々よろしくお願い致しま〜す
イエティ1号
2018/01/04 15:14
おめでとうございます。
忙しい年末年始、ということは家庭的にも幸せだということですよね〜。二人しかいない家庭ではこういうイベントでも入れなければちょっと悲しい?

今年もどうぞよろしくお願いします。
イエティ1号さんへ
2018/01/04 18:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年への年越し チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる