チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 機内で見た映画

<<   作成日時 : 2018/03/30 21:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

飛行機に乗る時の楽しみの一つです。

長時間フライトの時は特に
「さア〜見るぞ〜!」と、
熱が入ります。

今回は3本、見ることが出来ました。

     *********


「ウィンストン・チャーチル」

画像


いやあ〜すごく良かったです。
ダンケルクがナチスに囲まれて
いよいよ本土が火の海になるかもしれない、
そんな状況の中で苦悩する政治家たち。

ここまで来たらもう和平交渉で大幅譲歩しかないという多くの政治家、
それに対して、キングが彼にアドバイスします。
「国民の意見を聞いてみるが良い」と。

このキング、今のエリザベス女王の御父上にあたるのですが、
不思議なほど、この方もあの血統の皇室の顔をしていました。メーキャップでしょうね。
そしてとても魅力的なキングの役です。

そのアドヴァイスに従って、地下鉄に乗りこんで庶民の気持ちを聞いてみるチャーチル。
そして、正直に応える庶民たちの気持ちに、つい涙が出ました。


画像


アカデミー賞ではこの映画、主演男優賞とメーキャップ賞をもらっているんですね。

そのメーキャップ賞をもらったのはなんと日本人の「辻一弘」という方。
なるほど、映画ではチャーチルにしか見えない男優が、
アカデミー賞の舞台では全くの別人(素地のまま)出てきて、
「本当にこの人?」と思うほどに変貌しています。

メーキャップ賞をもらうだけあるんですね。

この映画だけは文句なく誰にでもお勧めできます。

     ***********


さて、2本目、何を見ようかな〜とチェックして見つけたのが
「Gravity 重力」という映画です。

画像


ほとんどの場面が宇宙空間とステーション内での動きなので
とても地味で、公開された時もそれほど評判にはなりませんでしたが、
最後、飛行士が一人だけ地球に戻ることが出来
大きく息を吸う、

そのシーンが心に強く残りました。

     **********


そして3本目
「Victoria and Abdul ヴィクトリアとアブドゥル」

画像


というタイトルの、ヴィクトリア女王が晩年に心を開いて向き合った若きインド人との友情物語です。
実話に近いお話のようですが、アブドゥルという人は皇室内で地位を築きたかったのだという噂もあったようですが、ここは映画のまま素直に解釈しましょう。友情とは?という意味で楽しみました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
グラビティは観ました。 チャーチルは来週からだと思うのですが日本で公開されます。
よさそうですね。 CGばかりの映画もだんだんと元に戻り、いい作品が出てきましたね。
What's up?
2018/03/31 09:28
ウィンストン・チャーチルでの
G・オールドマンの特殊メイクでは
メイクアップアーティストの
辻一弘さんが
第90回アカデミー賞を獲得されましたね。
オールドマンは
シド・アンド・ナンシーの頃より
観ており大好きなアクターなので
この作品は是非私も観てみたいです。

ちなみに拙ブログで
ゼロ・グラビティの記事がございます。
お暇な時にでも
ご笑覧いただければ幸いです。
下記が当該記事URLとなります。

http://aiyoeienni.at.webry.info/201312/article_2.html
小枝
2018/03/31 11:02
まぁ、飛行機の中で3本も観られたのですか。
それは退屈しないで済みますね
私も「ウィンストン・チャーチル」観てみたいと思っています。
「Gravity 重力」も面白そうですね。
3Dとあるので、映画館だったら3Dで観ると面白いかも知れませんね。
イエティ1号
2018/03/31 15:54
チャーチルの日本公開はまだだったのですね。強力にお勧めできます。久しぶりに心に長く残る映画を見たなあ〜と思いました。グラヴィティ―は日本の題名が「ゼロ・グラヴィティ―」となっていました。勝手に変えないほうがこの場合良いのではと思いました。
what's up?さんへ
2018/03/31 16:58
コメントありがとうございます。
映画通なんですね〜。さっそく小枝さんのブログを拝見しましたが、DOLBY ATMOSの効果を発揮できる劇場では素晴らしい音響だったことでしょうね。機内ではそうもいかず。それでももともとSFが大好き人間なので、こういう映画は見逃さないのですが、スイスに来てからはあまり行かなくなったために、機内のまとめ見が一番の楽しみです。

小枝さんへ
2018/03/31 17:07
チャーチルはお勧めです。機会があったらぜひご夫婦で一緒に?機内の私の隣では夫もほぼ同時にこれを見ていました。その後、二人で当時の政治情勢とか、人間の決断力とか、映画の魅力とか話題が広がりましたよ。
イエティ1号さんへ
2018/03/31 17:10
機内で3本も映画を見られたのですね。
チャーチルは辻一弘さんが、アカデミー、メーキャップ賞をとられたということで、日本でも話題になっています。
辻さんのインタビューなど何気なく見ていましたが、araraさんの感想で見てみたくなしました。
すずりん♪
2018/03/31 21:50
日中のフライトでしたので、2時間ほどは寝ましたが、残り時間の楽しみです。すごく良かったですよ。愛国心とは一体何なのか?日本の戦中時のような強制された愛国心ではない、自然に自分の国に対して抱く気持ちということを考えさせられました。
すずりんさんへ
2018/03/31 22:21
araraさん こんにちは〜 ご無沙汰です^ ^ ホリデー良かったですね〜 ホテルに3連泊、周りは広大で豊かな自然一杯の庭…。 でも、鰐が犬を⁉ その点は怖いですね〜(・_・;

長いフライト疲れますよね〜 映画3本見て、ウトウトしたらスイスに着く時間になりますか?

帰ってからの主婦業それが一番疲れるかも…ですね。
マックママ
2018/04/01 15:44
こんにちは!旅行の初めはあちこち歩き回って疲れましたが、最後がビーチでのんびりとできて良かったです。
スイスに戻ってすぐに洗濯機を何度も回して、今日はアイロンかけです。幸い夫がお料理を担当してくれていますので、助かります。
映画を3本も一度に見てしまうと、内容がごっちゃになりそうですが、今回の映画はそれぞれ時代も違っていて大丈夫みたいです〜!!
マックママさんへ
2018/04/01 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
機内で見た映画 チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる