チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 還暦祝いのランチ

<<   作成日時 : 2018/04/28 00:02   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

お招きいただきました。

画像


お友達の還暦の誕生日のランチです。

日本人女性5名のグループの中で
一番若い彼女が、還暦を迎えました。

決して還暦には見えないのですが、
招かれた人々も若く見えます。
決して若作りをしているという訳ではないのですが、
こちらに暮らしている日本人女性たちは
のびのびと屈託なく生活しているのか、
みんな若く見えますね。


レストランは如何にも彼女らしい選択のレストランでした。

ホテルのレストランだったのですが、
この街でも有数な高級ホテル

画像


高台にあるこのホテルに行くには
ホテル専用のケーブルカーで向かいます。
トンネルを通って・・・数分ですが、これも面白い。

画像



着いた先に出ていたグルメの勲章ともいえる、
ミシュランとゴ―・ミヨのマークがまぶしい

画像


「あら、もう少しきちんとした服で来ればよかったかしら?」
と思いました…・。

あちこちにちょっとハイソ風なご家族がランチ中。

お天気が素晴らしい日々が続いたために、私達もテラスでのお食事になりました。
この街が見事に見渡せます。
画像


画像


そして、いただいたランチはやっぱり!!ミシュランとゴー・ミヨの星がつくだけはある
個性的で美味しく、サービスやタイミングも素晴らしい。

冷製ツナとキャビアのサラダ。
画像


私は主菜に行者にんにくのニョッキというのを頂いたのですが、
これが絶品。唸るようなソースです。
本心では「レセピが欲しい」でしたが。
画像


となり席のお友達はお魚のグリルでしたが、それもおいしそうでした。

画像


とても素敵な午後を過ごさせていただきました。


私達からのお返しは
次回「和食レストランへのお誘い」クーポンといつも彼女が使っている「オーデコロン」です。

要するにもう一度同じメンバーで彼女の還暦をお祝いすることが出来るという・・・・
自分たちにとっても「嬉しい」プレゼントにしました。

素敵な景色を眺めながら、おいしいシャンペンとお料理をいただいて
とても素敵な午後を過ごしました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
 スイスにも還暦の祝いがあるのかなと思いながら、読み始めましたが、やはり日本の習慣ですね。
豪華なレストランと素晴らしい景色、いいお祝いとなりましたね。
What's up?
2018/04/28 08:58
ステキな会でしたね。
ご友人の方も、還暦ですか〜。
でも、外国暮らしのオシャレな奥様達、お若く見えるのですね、屈託なく暮らす! 大切な事かと思います。
クヨクヨしたって、時は同じように流れます。
だったら のんびり構えた方が良いかもね。
私ものんびりして居ますので 若く? 見えるかも?
ハイジオバサン
2018/04/28 14:22
風景の写真と言い、料理の写真といい、素晴らしいですね。チューリッヒ在住のハイソな5人の奥様(今はセレブと呼ぶのが一般的でしょうか)・・・皆さんの優雅なお姿を想像してしながら読ませていただきました。
ところでこのホテルのある場所はチューリッヒではなく、もしかしたらルツエルンではないですか?
そして木の橋はカペル橋・・・・チューリッヒからはそれほど遠くないのでしょうか。
ヨーロッパの歴史遺産の中に身をおき、アルプスからの爽やかに澄んだ空気を呼吸しながら暮らせる幸せは、何にも換えがたいものだと思います。
素晴らしい人生を送られているararaさんを、日本人として心底から誇らしく思います。
あきさん
2018/04/28 15:14
美味しそうな、美しい料理もさることながら、まるで絵葉書の様な美しい風景に目を奪われました。
実際はもっと素敵なのでしょうね。
こんな所での豪華な食事、一度で良いからしてみたいです。
お返しの「和食レストラン」も楽しみですね
イエティ1号
2018/04/28 15:47
ホテルも眺めもお料理もお仲間もみんな素敵で夢のようです。いい時間をもたれましたね。
還暦を迎えた人を招待するのではなく、還暦を迎えた人が招待するのですねぇ。
お返しもあるわけですから結局どちらでも同じということになるのかな?
次の和食レストランも楽しみですね。
すずりん♪
2018/04/28 17:51
こちらでは60歳よりも半世紀の50歳の時に盛大にお祝いをします。大勢の人を招くとお金もかかりますが、大盤振る舞いする人が多いですね。大人が自分の誕生日を祝うという習慣のない私には、初め驚きでした。
what's up?さんへ
2018/04/28 17:57
ハイジオバサンはきっと実際よりも若々しい人だろうなと予想していました!頭が柔軟な人は若々しいですよ。帰りに小雨になりましたが、食事中は素晴らしい景色をエンジョイできて、楽しいおしゃべりに花が咲き、とても良い時間でした。
ハイジオバサンへ
2018/04/28 18:00
誕生日を迎えたご本人はセレブですが、招かれた方は普通の主婦4名です!あまり高級なところに招かれると、自分の順番が来ると同様にしないと申し訳ない気持ちになりますが、その人らしさが出たほうが良いと思っています。私が招くなら、さしずめ中華料理とかアジア料理でみんなでつついで食べるスタイルになりそうです〜。
そうです、ここはルツェルンです。さすが、あきさんよくご存じですね。チューリッヒからは1時間ですが、ランチタイムに集まるために10時頃には家を出ました。ですから丸一日エンジョイしたような気分です。
あきさんへ
2018/04/28 18:05
どちらかと言えば「結婚記念日」とかにふさわしい(私には)雰囲気のレストランでした。この景色と、ミシュラン保証付きの味がうりなのでしょうね〜
でも楽しくて素敵な一日になりました。
イエティ1号さんへ
2018/04/28 18:07
はい、こちらでは誕生日を迎えた本人がお世話になった人たちを招くのです。この点が日本とは大きく違います。もちろん相応のプレゼントを準備するのですが、この習慣にはなかなかなじめませんでしたね。まして大人の誕生日のお祝い???と感じていました。
すずりんさんへ
2018/04/28 18:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
還暦祝いのランチ チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる