チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS ビートルズ・コンサート

<<   作成日時 : 2018/05/09 02:48   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 12

画像



クリスマスに名づけ子から頂いたプレゼント。

それはビートルズコンサートへのご招待。
ついに週末に行ってきました。

画像

    ・・・・・・ カメラ禁止のためにパンフレットを写しました。

一人の赤ちゃんには男と女の名付け親、二人がつきます。
赤ちゃんだった子どもたち(?)も今は23歳と20歳。
その二人の名付け親4名が招待され、全部で6名で行きました。

***************

会場内は勿論カメラ禁止ですが、ロビーならいいだろう〜と一枚撮りました。

画像


予想通り!

白髪頭や薄毛になった年代の人が圧倒的でした!
この人たちにとってもビートルズは忘れがたき音楽なんだなあ〜と思いながら眺めていました。

それは日本でもこちらでも同じ〜、と改めて再認識。

そしてコンサートですが、歌もオーケストラも素晴らしい演奏でした。
が、選曲がビートルズ中期以降のものがほとんどで、

・Abbey Road
・サージェント・ペパー
・ストロベリー・フィールド
・While my guitar gently weeps

などなど、ちょっとしんみり曲が多く、お客さんはあまりのらないというか、

若い名づけ子たちは「若い世代のコンサートとはだいぶ違う!」と目が点になったようではありました。

さすがコンサート最終部分では「ヘイ・ジュード」などを会場の皆が合唱して…という盛り上がりもありましたが、それは若い世代とは違いますよね。

という訳で・・・

帰りは私達名付け親からのお返しとしてみんなで近くのメキシコ料理店へ。

画像
  (これで二人分)

みんなでワイワイ、トルティーヤに下のソースと一緒に包んでもぐもぐ。

画像


楽しい時間でした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
名付け親が招待されてコンサートへいく、とてもおしゃれな感じの出来事ですね。日本ではありませんね。たぶんそこら辺が文化の違い、またその国の良さを知る事だろうと思います。よかったですね。
What's up?
2018/05/09 08:56
名付け親が二人もいらっしゃるんですね。
最近日本では両親が好きな様に付けちゃうのが多いですよね。
クリスマスにこの様なプレゼント、とてもお洒落な感じです。
ビートルズの曲はみんな良いですよね
イエティ1号
2018/05/09 10:26
名づけ子さんからのプレゼントでビートルズ・コンサートを楽しんでこられましたか、それはよかったですね。
ご多聞に漏れず・・・・私もビートルズには心酔した一人です。拙宅には彼らのアンソロジーをふくめて多くのCDがありますが、最近は聴く機会が少なくなりましたね・・・・。
リバプール生まれのイギリス人グループが”ビートルズ”として活動を始めた場所が、ドイツ・ハンブルグの酒場だったというのは不思議な気がします。
あきさん
2018/05/09 17:08
赤ちゃんが生まれたら名づけ親(ゴッドファーザー、マザー)を二人つけるという習慣もキリスト教文化で、やっぱりちょっと違っていますよね。とても良い習慣だと思っています。
what's up?さんへ
2018/05/09 20:10
日本語訳では「名付け親」となっていますが、実際に名前を付けるのはやっぱり両親ですね。名付け親というよりも、「代父、代母」の方がふさわしい呼び名ですね。両親に何かあった時にはその子供を引き取ります、という宣言です。
イエティ1号さんへ
2018/05/09 20:12
ビートルズ、良いですよね〜! 今でもビートルズを聞いているとあの頃の自分の若いころを思い出します。(ほとんど馬鹿だったなあ〜ということばかりですが)ハンブルグでスタートしたイギリスグループというのは面白いですね。それだけヨーロッパは近いとも言えますが。
あきさんへ
2018/05/09 20:15
ちょっと別の方へのコメントを見させていただくと、本当に名前を付けるのではなく、両親に何かあった時にはその子供を引き取りますと言う宣言とありますが、やはり子共を大切に育てると言うのがあるんですね
やはり文化の違いなんでしょうかね?
と言う事は、日本で最近とても多い虐待などの事件はかなり少ないんでしょうね
ゆけむり
2018/05/10 06:18
ゴッドファーザーの映画、ご存知ですか?ではマーロンブランドの扮するゴッドファーザーの家には家族ではないけれど一緒に育った男性がいて、弁護士となりマーロンブランドの専属弁護士のような働きをする人が出ていましたが、覚えていますか?あれは親がマフィア闘争で殺されて、ゴッドファーザーが親代わりに育てたのだと思います。
虐待はたま〜にニュースになりますが、あまり聞かないですね。子供は宝という空気が国中に満ちているように思います。
ゆけむりさんへ
2018/05/10 15:56
いつも思いますが、プレゼントしゃれていていいですね。
楽しい時間を共有できるのもいいですね。
曲目を拝見して思ったのですが、私がよく耳にしたのはビートルズの後半より前半だったのかな?
数年前はよく市販のトルティーヤを買ってきて、具を挟みながら、友人とランチしてました。
すずりん♪
2018/05/10 17:53
何かを一緒に楽しむプレゼントは本当に良いアイディアだと思います。物質があふれた現在、何か物をあげるよりは「こと」をあげるアイディアですね。
ビートルズのヒット曲はほとんどが前期の作品だと思いますね。後期はビートルズマニアのような人々が喜んで聞いていたような記憶があります。
すずりんさんへ
2018/05/11 04:44
名づけ親と言う制度?習慣?
とても良い習わしだと思います。
両親に何かあった時に 引き取る!
そんな保証があったら 安心ですものね。
日本にも根付くと素晴らしいですね。
子供は社会の宝ですから。
ハイジオバサン
2018/05/13 19:38
私もこの習慣はとても良いものだと感じています。家族が単独のものではなくて繋がっている感じがとても強くあります。クリスマスや誕生日には(大人になるまでは)必ずプレゼント交換をしますし、親なしでの交流もあり、やっぱり名づけ子には特別な親しみを感じますね。子供をみんなで見守るという良い制度ですね。
ハイジオバサンへ
2018/05/13 23:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビートルズ・コンサート チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる