チューリッヒ湖岸から

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年は期待できそうなさくらんぼ

<<   作成日時 : 2018/05/11 23:53   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

いつの間にか桜の花も終わってしまい、
我が家の桜の樹が緑一色になりました。

さくらんぼの樹が一本あるのですが、
一番太い幹の部分でも直径15cmあるかどうか?位の若い桜の樹です。

良く見ると〜
画像


たくさん実をつけています。今年は豊作?

あまり蜂を見かけない春ですので、
今年はさくらんぼもそれほど多くないと思う、と夫が言っていましたが、

見えないところでやっぱり自然の営みが進んでいたようです。

この実に色がつくようになったら
鳥にとられないようにネットを張ってガードするという作業もあります。

週末は夫がせっせとそういう作業をする(と思います)


「あなた創る人、私食べる人」状態の我が家です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
サクランボの取れる桜良いですね。
私食べる人も楽しいですね。
スイスも夏に近づいてきましたね。
What's up?
2018/05/12 09:41
サクランボの実が鈴なりですね。ミツバチたちのお陰ですよ。自然の営みは実に見事なものですね。ハチは蜜を吸わせてもらう代わりに、からだ中に花粉をつけて次の花に飛び移り、受粉を手伝う・・・・。
花粉の話が出たついでに、スギ花粉の話を・・・
杉や桧が登場した頃(数億年前です)は、地球上に昆虫は居ませんでした。ですから花粉を受粉させるには風に頼らざるを得なかったのです。スギ花粉は現代の人間にはアレルギー源として悪者扱いされていますが、杉が花粉を飛ばすのは子孫を残すために必要不可欠な行動なんですよ。
地球上に昆虫類が登場したお陰で、甘い香りの蜜を含んだ綺麗な花を咲かせる植物が登場し始めました。昆虫と植物の不思議な関係の、ほんの一面のお話です。いつもお節介なあきさんですみません。
あきさん
2018/05/12 16:54
この木になる花は白い桜なので、見た感じは余り美しくはないのですが、実を取るのが目的なのでそれは構わずにテラスに植えました。毎年実をつけてくれますが、今度は鳥に食べられないように気を付けないと!
what's up?さんへ
2018/05/12 21:25
わあ〜面白いですね。スギ花粉が大量発生するのは自然の摂理であって、スギにはその理由がちゃんとあったのですね〜。すごいなあ〜!
我が家のさくらんぼも、いないと思っていた蜂がちゃんとこう配してくれていた事実だって、考えてみるとすごいことですよね。自然のすごさを感じます。
あきさん、やっぱりこういうテーマでのブログを再開してはいかがですか?すごく面白いブログになりそうですよ。
あきさんへ
2018/05/12 21:30
わ〜、良いですね〜ぇ。
沢山のサクランボの実。
そして「あなた創る人、私食べる人」もいいですね〜ぇ
その後は美味しいサクランボのジャムが待ってますね
イエティ1号
2018/05/13 10:17
虫と鳥が危険因子なので、これからのお手入れも大切です。虫に対しては自然薬を使い、鳥のためにはネットをかぶせます。こんな細いさくらんぼの木一本に、結構手間がかかりますね。(全部夫がしますが)赤くなるのを楽しみに待っています。
イエティ1号さんへ
2018/05/13 16:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年は期待できそうなさくらんぼ チューリッヒ湖岸から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる