コンマリの片付け術が・・・驚き!

先日、IDカードの有効期限が切れるという知らせが届き、更新のために市役所へ出向きました。 写真一枚持って受付に行ったら、珍しく3組の人たちが待っています。 普段待ち時間ってあまり考えなくて良いサイズの市役所なんですが・・・ そこに置いてあった街の絵ハガキや、お知らせの印刷物を何となく眺めていました。 その中に市役所が主催…
コメント:6

続きを読むread more

サンモリッツ・・・セガンティーニ美術館

たった3泊の小旅行でしたが、盛りだくさんの内容になりました。 旅行記はこれで終了ですので、締めをアルプスの美術で終わらせたいと思います。 ************** せっかくサンモリッツまで足を延ばしたのだから・・・と 以前から行きたいと思っていた「セガンティーニ美術館」に立ち寄りました。 とても…
コメント:2

続きを読むread more

チーズ農家へ

氷河を見た後はチーズ農家へ行きました。 そこはキャンプ場に隣接した農家で、キャンプ場に宿泊している人たちのための朝食も野外で提供している(商売上手な)農家? ビュッフェ式の朝食でした。 ********** 参考までにここのキャンプ場は4つ星キャンプ場でした。シャワー設備やキッチン設備、トイレ、洗濯機などがきちんと管…
コメント:4

続きを読むread more

ポントレジーナ(サンモリッツ近辺)から氷河見物

ロゼック・グレッチャーへ。 グレッチャーとは「氷河」のことです。 ポントレジーナで車を駐車場に止めて、ロゼック・グレッチャー・ホテルへ馬車で移動。 車利用ができない場所にある一軒宿です。 こういう道をとことこと馬車が行きます。 4-5人用の馬車も、20人も乗るような大きな馬車もあり、お馬さん、頑張ってね!と…
コメント:4

続きを読むread more

国境を超えて

スクオールのすぐそばにあった古城。 今では個人所有のお城だそうで、中を見ることが出来ませんでした。 今回廻った地域は下のスイス地図に赤いマークがついたあたりです。国境が近いことが一目瞭然ですよね。スイス自体が九州とほぼ同じ面積ですので・・・ 次は世界遺産の「聖ヨハネ・バプティスト修道院」 …
コメント:2

続きを読むread more

スクオール・・・温泉町

ホテルが高台にあり、町全体を眺めることが出来ます。 温泉が湧き出るスクオールは、山間の温泉宿としてだけでなく、冬にはスキー客も集まってくる町。スキーコースは80kmもあるそうです。 ホテルは意外と混んでいます。 スイス人客が多いような気がしました。きっと、コロナ問題が起こってからホリディで国外に出かけるよりも、…
コメント:2

続きを読むread more

グアルダからスクオール(シュクオール)へ

グアルダはこの界隈で一番可愛らしい村、という評判です。 山の中腹にちょこんと見えてきます。 教会を中心とした小さな村。 写真ではトラクターの上部、左側の崖に立ったような村がグアルダです。 なるほど評判通りの可愛い村。 それぞれの住民が村を可愛らしく花で飾ってます。 セラミックのお店…
コメント:0

続きを読むread more

ダボスからフリューラ峠へ

ダボスはもともと結核などの療養目的で、きれいな空気がたっぷりとあるこの地域にサナトリウムが作られて発展した町です。 今ではダボス・経済フォーラムで有名になりました。 安倍さんも毎年のようにここにいらしたはず。 上の写真が、そのフォーラムで使われるホテルです。 山の中腹に奇妙な形の建物があるために目立ちます。 フ…
コメント:2

続きを読むread more

スイス国内の小旅行

月曜日からスイスの南東部に車で来ました。 上の写真はサンモリッツからあまり遠くない場所の氷河です。 ここのホテルは一軒家みたいなところで、ポントレジーナというところに車を停めて馬車で行きます。 ハイカーやサイクリングの人が多いです。 大自然の中に身を置くと、自分の小ささを受け止めますね…
コメント:4

続きを読むread more

ついていない一日

そういう日が時々ありますよね。 台所仕事をしている時に、ダイコンおろしに力を入れ過ぎて指までおろすところだった。 指の表面に傷がつき、血が出てきて至急絆創膏を。 その日、もう一つのアンラッキーな出来事が。 下の機械を買いました。 床の拭き掃除が大変なので、これがあると楽かな~と思いました。 タンクに水…
コメント:4

続きを読むread more

一人の朝食

今、夫は週の半分ぐらいは出勤して、半分は在宅ワークです。 出勤する日の夫の朝は早くて、6時半に私が起きてくるともう影も形もありません。 会社まで30分程度の距離ですから、7時前から仕事を始めているということになります。 その代わり、帰りも早いです。夕方5時頃には帰ってきているという日が多いです。 さて、夫…
コメント:4

続きを読むread more

カボチャの季節

9月になる直前、すでにカボチャが。 早いですね。 ヨーロッパの人たちは小型のかぼちゃを、ちょうど花を飾るように室内に飾ります。 私もちょっと真似をしてみました。 10cmほどのサイズの小さなカボチャを彩りを考えて選び、籠に入れました。 それだけで「秋がもうすぐ」という気分になります。 実際に今朝の…
コメント:4

続きを読むread more

潰瘍性大腸炎

安倍さん、最近元気がないなと思っていたら、病気の再発だったのですね。 こちらでも日本の首相の病気による辞職がトップニュースになりました。 安倍さんほどEUでも知られた日本の政治家はいないでしょう。 長期政権だったこともありますが、 何よりその外交手腕が高く買われていたのだと感じます。 辞職の原因が「潰瘍性大腸炎」と…
コメント:8

続きを読むread more

昼食会

ベルンの大使公邸での昼食会に招かれました。 大使館からは正式な招待状が事前に届きました。 30年近くスイスに住んでいますが、公邸にお邪魔するのは初めて。 ちょっと緊張しました。 公邸はベルンの町中にあり、庭が広いせいでとても静かな環境です。 古い格式のあるスタイルのお屋敷です。 入り口の正面玄関先には…
コメント:8

続きを読むread more

小旅行3・・・スイスのキャニオン

アメリカのグランドキャニオンとは比べるわけにはいきませんが・・・・・ スイスにもキャニオン的なものがありました。 クレ・ドゥ・ヴァン(Cruex du Van) 日本語のガイドブックにも載っていない場所ですが、スイス人が自転車やバイクのツーリングで観光に来ていました。 切り立った崖の上に、米粒みたいに見え…
コメント:6

続きを読むread more

小旅行2

宿泊した場所はムルテンという街です。 小さな湖があって、ムルテン湖と呼びますが、湖の際に建ったホテルでした。 ムルテンは可愛らしい街です。 小さなベルンの雰囲気です。 上の写真が旧市街の中心部分ですが、建物の印象や構造がベルンと激似してます。 ベルンまで車で30分ぐらいの距離ですので文化が近いのでしょう。 …
コメント:2

続きを読むread more

小旅行

ちょっとだけの旅行をしてきました。 余り大げさな旅行はできない昨今ですので、スイス国内のドライブ旅行へ。 天気予報を見ながら日程を決めて、ホテルを決めて・・・なので、気楽旅行です。今はホテルも問題なくすぐに予約ができます。 チューリッヒからは西の方角になりますが、フランス語圏とドイツ語圏の境目あたりです。 写…
コメント:6

続きを読むread more

お盆の季節

2週間過ぎてしまいましたが、8月1日はスイスの建国記念日でした。 コロナ騒動のために、多人数で集まることは避けなければなりません。 わが家には妹夫婦だけをお招きして4人で夕食を一緒にし、湖に映る花火を楽しみました。 弟家族は夫婦と、子どもとそのパートナー、それに孫、合計8名なので、レンツァーハイデという山の…
コメント:6

続きを読むread more

新しい寿司店

寿司ブームになってだいぶ経ちます。 スイスには本格的寿司店もあれば、なんちゃって寿司店も混在しています。 特にチューリッヒ市内には雨後の筍のように、あちこちに寿司店が出来て、過当競争なんじゃないのかな?と思うこともあります。 新しい寿司店が郊外にできた・・・というニュースが入ってきました。 そこの寿司が美味しいという噂。…
コメント:6

続きを読むread more