胸躍る写真を発見

すごい写真をネットで発見しました。

画像


明治維新の立役者がずらりと並んでいます。
ワクワクします。

ぜひ拡大してご覧ください。

慶応元年となっていますね。

これは本物でしょうか?
ネットから持ってきたので
真実はどうなのか、100%信じてもいいものか?と
一人考えていました。

本物であってほしいですが、この時代に
こうした人たちが一堂に会した、そのことだけでも
「ひえ~~~!」なのです。

じっくりとご覧ください。
西郷隆盛のごつい顔、
意外と小柄だった勝海舟。

坂本龍馬にはあどけなささえ感じてしまいます。
江藤新平も、子供のような若さが見えます。

岩倉兄弟の顔立ちはなかなか美しく、特に岩倉具定はイケメンですね。

比べちゃいけないけれど、
大村益次郎さん、顔面がでかい!
今の流行ではないですね。

あ、陸奥宗光さん、ご近所さんですが、
あなたもこの中に。

この一枚の写真を見ているだけで
あの明治維新の熱血を想像してワクワクしてきます。

みんな日本の将来に夢を託して
この若者たちが命をかけたのですね~

いやあ~本当に
若者パワーのすごい時代の潮流だったのですね。

もしかして今求められているのは
この時代のような
目に見えないけれど、
若者たちの日本を想う心のパワーかもしれません。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2014年04月05日 19:39
明治維新の立役者達の写真ですね。 もしこれだけの人物が一堂に会したらすごい事になりますね。
でも合成にしたとしても上手いですね。 びっくり。
what's up?さんへ
2014年04月05日 22:29
やっぱり合成でしょうか? こんなのを見るとワクワクします。あの時代の流れが好きなのです。
2014年04月06日 00:00
この写真「フルベッキの写真」は真偽のほどは諸説あるようですが有名な写真です。オランダの宣教師フルベッキが長崎で今でいう英語教室の門下生と撮った写真と言われてます。
私は本物だろうなって考えてます。理由はそう考えたほうが楽しいからだけなんですけど。日本の政治の場に躍り出ようという大志を持った青年たちが外国語を習得しようと考えたのは当然だったのではないでしょうか。この写真に後の明治天皇が写ってますよね。話は変わりますが、皇室の方って、喪の儀に参列されるときも、私たちの様に着物きませんね。黒のロングドレスを着用されるのは、どうしてなのかな~って。結婚式は十二単なのに。喪の正装だけ何故洋式なんだろうって不思議に思っているんですよ~(笑)
青空さんへ
2014年04月06日 00:26
まあ、そうなのですか。物知りですね。できたら真実と思いたいです。これだけの人物がそろっていることを思うと(真実だとしたら)すごいことです。みんなが外国のことを知りたくて英語を習っていた、それはよくわかる理由ですね。
皇室の喪服は確かに洋装ですが、これも明治維新からの習慣になったのではないでしょうか?あの頃は西洋に何とか追いつこうという姿勢にあふれていたのでしょう。
2014年04月06日 09:36
小父さんも何度か見たことあります、疑いつつも本物だろうと思っています。
明治維新の立役者は、本当に皆若いのです、20代前半であれだけのことをやってのけるのです。
お公家さんはやはりそれなりの顔ですね、大村益次郎は当時でもブ男で知られています。
龍馬は、紋付袴でブーツ履いて日本刀さしてます。
2014年04月06日 11:30
うーん・・・・この写真、私ははじめて目にするものですが「知る人ぞ知る」で、昔から議論の的になってきた写真なんでしょうね。
映っている人物たちが凄いですよね・・・・私的には明治維新を創り出したキーパースンたちが、長崎でこれほど一堂に会することが出来ただろうか・・・と思います。
それと、明治天皇の位置と装束が・・・。
陸奥宗光は、名前から今の青森県を連想しますが、紀伊、今の和歌山県の出身なんですよね・・・。外務大臣として伊藤博文内閣を支えた人だと思います。
harukiさんへ
2014年04月06日 17:17
みんな20代でしたね。なんというか「清国のように西洋に蹂躙されずに、日本を新しい未来の国にしたい」という愛国心だったのでしょう。日本すべてを守ったのが青年たちだったという驚きです。すごいことですね。
あきさんへ
2014年04月06日 17:20
明治天皇に関してはこういう時期もあったのかな?と思いましたが、陸奥宗光は、岩手の原敬との交わりなどからてっきり伊達藩の、と思い込んでいました。ウィキペディアで調べたら紀伊の方だったのですね。傑人ですね。
2014年04月08日 05:51
噂では・・・・この「維新功労者」の末裔が・・・未だに日本を牛耳っているとのこと・・・(?)
まだこもよさん
2014年04月09日 17:45
そうなんですよね。結局長州勢が日本の政治を握り続けているということなんですよね。不思議というか、当たり前というか?

この記事へのトラックバック