ヨーロッパ諸国にとって

難民問題。

現在とても深刻な問題になっています。
毎日のニュースのトップがこの難民問題です。

画像


ギリシャからバルカン半島、ハンガリーなどを通って
北へ、北へ。

多くの難民がドイツ、北欧へ向かっています。
難民に関する法律がやや緩いという噂の国に。
今年に入ってすでに14万人がギリシャに渡ったそうです。

2日前のオーストリアからの悲惨なニュースでは
一台の運搬用の自動車から
70名以上の遺体が発見され、
ほとんどがシリアから逃亡してきた難民だろうということです。

しかもシリアからは今後も約220万人が移動してくるだろうという話です。
シリアの状況とは
内戦と、
IS国の悲惨な状況が隣に。

もう人間が暮らせるような状況にはないようで、



画像



≪ダマスカスのパレスチニアン難民キャンプで撮られたこの写真は、男性も、女性も、子供も、逼迫してる食料や衣料品などの助けを求めて列に並んでいる。ヤルムークのキャンプには18,000人以上の難民がおり、多くが餓死しようとしている。(ハフィントンポストより≫」

生活ができない状態から出る、というよりも
命を守るという人間の基本的な欲求による逃亡のようです。

そういうわけで、
現在ギリシャでも
シリア人は優先とされているようですが、
アフガニスタンからの難民も数が多いようです。



そして、アフリカからはイタリアへ。
昨年度だけで17万人。

連日4000-5000人が密航船で到着しています。

画像


毎日、毎日です。

問題は
難民のすべてを救わなければならないか、
中にはテロリストも加わっている可能性も、
そして、
単に良い生活ができそうだから、という輩ももちろんあるわけで、

本当に移民をしなければならない人なのか、
あるいは、よりよい生活だけを求めている人なのか、

その判別の難しさもあります。





ヨーロッパとて
国やEUの予算が
ふんだんにあるわけではないのです。

いづれスイスでも(数か月内に)
何万人かの難民を引き受けなければならなくなることでしょう。

もしかしてアジア諸国でもその義務が発生する可能性があります。

誰がこの難民を助けられるのか?
なぜこんな事態が発生するようになったのか?




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年08月30日 08:38
私も、連日心痛めております。
http://mutterhaus-no1.at.webry.info/201508/article_26.html
日本では 今のところ 殆どと言って良いほど、難民を認めて居ません。裁判所で認めた難民を法務省が許可しないのです。日本の役所 すごく変な役所が多過ぎます。やがて、世界から非難も出て来るでしょう~!
2015年08月30日 10:40
こんにちは。

おっしゃる様に難民の問題は世界的に重要な課題だと思います。日本は申請者に対して1%も満た無い認定率で1番対策が遅れています。特に中東やアフリカ諸国からヨーロッパ先進国へ難民の移動と流入が急増していますね。

戦争による生命の危険、自然災害等による飢餓、国家の無秩序と不公正による貧困、等々の理由で難民として母国を捨て安全な国へ逃げ延びようといています。移動中の『 車や船 』の中で、生命を落とす大勢の人々がいるのは大変悲しい事ですね。日本でもニュースで取り上げられています。

先進国は経済規模に応じて、人道的に難民を受け入れる必要があると考えられます。araraさんのスイスは地理的に近いので大勢の難民の受け入れがあると思います。

いずれ日本でも難民受け入れを国連からも迫られると考えられますので、言葉や生活習慣を指導する専門機関を設置する事が急務だと考えられます。日本は人口減少が急激に進み経済縮小が起こりつつあるので、難民の受け入れは人口増加に貢献すると思います。
2015年08月30日 11:43
>誰がこの難民を助けられるのか?
なぜこんな事態が発生するようになったのか?

非常に難しい、複雑な要素が絡み合った問題ですね。元の状態に戻すことができない難問だと思います。
根本は人道問題ですから、世界の中でこのテーマを先導してきたヨーロッパ各国にとって、まさに見て見ぬ振りもできないし、拒否などできるものでもない難問だと思います。
ヨーロッパの一部の国々は、かつて植民地としてこれらの国々を統治してきました。移民を受け入れざるを得ないのでしょうね。

ところで、人口密度という観点だけから見ると、ヨーロッパ各国はまだまだ相当ゆとりがあるわけですが、生活の質とか経済問題が絡むと、途端に難しい問題になる・・・。
とても難しい問題だとしか言いようがないですね。
2015年08月30日 15:48
難民の問題はTVなどでよく取り上げられています。
本音は受け入れたくは無いけど、人道的な問題で受け入れ、国内の大きな社会問題となっていると聞きます。
イギリスのように2世3世が不満分子となりテロに走り大きな問題を起こしては、恩をあだで返すようなことも、おきています。日本でも難民ではないですけど、不法滞在は大きな問題です。でもその人がいないと人手不足が起きるなど矛盾点を抱えています。押さえ込めば隠れる。オープンにすれば、なだれのようにやってくる。本当にお金のあるところに人は集まってきます。
ハイジママさんへ
2015年09月01日 02:46
そちらのブログへお邪魔して読ませていただきました。本当にその通りだと思います。今日もまた20人ぐらいの遺体が別の冷凍自動車から発見されたようで、心が痛みます。どのようにしたらいいのか? 
華の熟年さんへ
2015年09月01日 02:52
アラブの春で、他のアラブ諸国は民主化と自由化が進んだのですが、シリアは政府が強硬策をとり、対立が深まり、現在を迎えています。またイスラム国の恐ろしさが隣り合わせです。何もかも破壊しようとしているイスラム国の問題、本当にどうしてこうなってしまったのか?情報のグローバル化とイラク戦争の影響が全くないとは言えません。これほどの混乱が生まれるとは西洋諸国も考えてもみなかったのではないでしょうか?国連中心にこの難民問題を考えて行かなければいけないと思いますね。
あきさんへ
2015年09月01日 02:57
原因は複雑に絡み合っていると思います。心配なのはこういう難民は異文化を持ち込みますから、たとえ難民認定されて仕事を与えられても、西欧において異文化の衝突が生まれるのは目に見えています。すでに難民収容施設が放火されたりもしています。人道だけを振り回しても、それに反対する民ももちろん多いのです。困った事態です。今日のニュースもトップは難民問題でした。

what's up?さんへ
2015年09月01日 03:05
人間は異種なものを排斥します。ですからこの人たちがたとえ異国で仕事を得て、家族で暮らしたとしても次にまた別の問題が発生することでしょう。問題は今現在だけではないということは各国家も、EUも覚悟しなければならないでしょうね。
本当に難しい問題です。誰だって故郷には帰りたいと思いますし、できたら生まれた場所で死にたいですよね。
2015年09月02日 16:22
araraさん 日本でも連日このニュースをTV放映されています。 本当に胸が痛みます。。 難しい問題が沢山あります・・ 余りにも難しくて、正直どうコメントするべきか分かりません、一時的に各国に暮らしたとしてもその次の問題・・住居、就職・・又その国の国民の職が脅かされてはいけないし・・・。。 本当に悲惨な事です。。
マックママさんへ
2015年09月03日 00:29
大きな問題ですよね。世界中の人が一緒に考えて行かなければならないのではないでしょうか?迎える国だけの問題として片づけられない人数ですし、今後もたくさんの人が流入してくるでしょう。どのようにするべきなのか?本当に特にEUにとっては大きな問題です。
2015年09月03日 09:28
「どんな人たちなのかわからない」…だと…受け入れる国が無くなってしまいますかね?…。大変な事もあるけど「日本に生まれて良かった…と言うことかな?
まだこもよさんへ
2015年09月03日 18:34
日本もこれからはわからないと思いますよ。言えることは自分の生まれた国で暮らせることは幸せの一つではないかということです。故国を捨てざるを得ない心境とはどんなものなのでしょうね?
2015年09月06日 00:45
EU、西欧も国の数が多く、難民の数にも差はあるようです。具体的な国の名前は控えますが、ひとつの国には定量の仕事ですが、難民が多いため本国人の就職の問題も起きてるようですね。それに同じ権利を得られないこともあるので、受け入れすればそれで済むというほど簡単な問題ではない気がしますね。宗教も異なりますし。
さとし君へ
2015年09月06日 03:21
本当にその通りです。宗教の違い、生活のしかたの違い、男尊女卑的な思想の国も多いですし、移民が認められた後にも大きな問題があります。今日はドイツとオーストリアが緊急措置をとって移民受け入れし始めたようです。鉄道が止まっていたハンガリーからバスが出たようです。問題はこれからです。

この記事へのトラックバック