秘密基地

思わず笑ってしまうような施設が
スイスのあちこちにあります。

画像


「永世中立国スイスの美しい景色にカモフラージュされた軍事施設の写真いろいろ」




http://dailynewsagency.com/2015/07/14/the-camouflaged-military-bunkers-of-spt/



起こるならば次は核の戦争でしょう。
ですから、上の施設はおそらく役に立たないのではないかと
思っています……

あ、もしかしてこれは訓練用施設なのでは?
きっとそうです。


スイスは徴兵制で、男子ならば(必ず)
新兵としての訓練を受けます。

(必ず)としたのは
中にはどうしてもミリタリーに行きたくない!という青年もいますので、
そういう人は
障碍者施設や老人ホームでの一定期間の奉仕活動に代えることもできるのです。
人間らしさを尊重する点で、そういう代替えは素晴らしいと思います。

嫌で嫌で仕方がない人を
無理矢理に「義務だから」と引っ張って行っても
おそらく役に立たないでしょう。

ならば、という懐柔策です。

いづれにしても
スイスは名だたる観光立国ですから、
あちこちにある軍事施設をこれ見よがしに見せるわけにはいきません。

どうやって隠すか、
みんなで考えたのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2015年09月11日 07:56
リンク先の案内までありがとうござい
ました。全部観させていただきました。
ウーンこれは見つからないかもとの画
像もありました。なんだか笑っちゃう
のもありました。スイスに徴兵制があ
ることは以前から知っていました。
2015年09月11日 09:08
こんにちはararaさん
日本はどうしてスイスのように
中立の立場を保てないのか
まずスイスのような強力な軍隊が
ないからだそうですね。
最近こちらでも少しだけ報道がありました。
でも徴兵に応じたくない方が
福祉施設で働けるというのは知りませんでした。
老人や障碍者をお世話するか
闘うかこの選択をできるのはいいなぁ
と今深刻な老人施設の問題を抱える
日本人の一人として思います。
2015年09月11日 10:33
軍事同盟や経済ブロックで自国を守ろうしていますが、何か事が始まれば同盟国に引きずられるわけですから、そちらのリスクもあるわけですよね。
中立というのも、経済、国防の上では大変でしょうがスイスは頑張っていますよね。
2015年09月11日 11:45
いやー様々な形でカムフラージュしていますね(微笑)。見方によっては相当面白いですよ。
作った人たちは大真面目なんでしょうけど、現実にこれらの施設が国防の役に立つものかどうか・・・・。
以前、スイスを紹介する映像の中で、巨大な核シェルターの中を見たことがあります。
日本にはそもそも核シェルターなんてあるんですかね。
スイスの国民性が見事に表れた施設だと思いますが、かなり面白い施設だとも思いました。
2015年09月11日 13:35
「カモフラージュ」…「そんな事をやらなくても大丈夫」に ならなければいけない…のだけど…。ただ「丸見え」よりは 良いのでは?
はぎさんへ
2015年09月11日 16:13
徴兵制のゆえんでしょうか、スイス人の愛国心と自分の国は自分で守る意識はものすごいものがあります。スイス中、あの赤い旗が翻ってますしね。
asakunさんへ
2015年09月11日 16:17
以前は嫌がっている人も全員徴兵でしたが、15年ほど前でしょうか、軍隊でのいじめ事件などが表ざたになって、改革がなされました。軍隊が嫌ならば国民としての義務を別の形で、となって介護施設等での無料奉仕になりました。これは素晴らしいアイディアだと思いますね。
what's up?さんへ
2015年09月11日 16:19
中立というのは良い点ばかりを強調されますが、その間に入っての調整の難しさ、政治の舵の取り方が本当に難しいだろうと思います。だからこそかな?毎年交代制での大統領交代は?
あきさんへ
2015年09月11日 16:22
苦労してカモフラージュしていますよね。思わず笑ってしまいましたが。スイスの核シェルターは有名で、身近なものでもあります。でも核戦争か何かで命が救われてもその後は悲惨でしょう。あまり意義が無いような気もしますが。
まだこもよさんへ
2015年09月11日 16:23
観光国ですから、できるだけ自然と調和するように苦労したようではありますが・・・・
2015年09月11日 19:13
私が初めてスイスを訪れた時 空港で銃を構える兵士?に驚きました。それまで銃を構えた人を見た事が無かったからです。それから 南米・イラク・・・と、世界の厳しい国へ入り、そういう国では 銀行も役所も 個人のマンションでさえ 門番が居て 必ず銃を持って居る事に だんだん慣れて来ました。
諸外国に比べて 日本はあまりにも平和? それを 【 平和ボケ 】と思うのか否か?
日本には シェルターさえありません。
災害が起きても~~非常食さえ確保されて居ない家庭が多いです。役所が助けてくれる~~と、頼っているのかな? 今回 鬼怒川での氾濫~~あれだけ多くの雨が降り~~慌てて避難される方も少なく~結局自衛隊に救われる方が多かったように思います。
命の危険は あるていど 自分でも守らないと~~!
日本人は 甘えて居る部分が多いような気がします。
ハイジママさんへ
2015年09月11日 20:13
ハイジャックとかテロとか何か不穏な状況になると今でも銃を構えた警察がずらりと並びます。また空港警察は平和時でも頻繁にパトロールしています。何しろヨーロッパの真ん中にあって、交通の要塞見たいところですからね。
確かに~日本人は~お上に守ってもらう、だからお上には文句を言いません~的な政治感覚ではないでしょうか?過保護社会ですから、何でもしてもらえると思いやすいですよね。平和ボケでしょうかね?
2015年09月11日 21:38
なるほどスイスのシステムは優れていますね。 日本の若者も見習ってほしいですね。 最近は悲しいニュースばかりで、日本はこれからどうなって行くんだろう?と思う事ばかり、、、奉仕活動を通じて成長してほしいです。。  
マックママさんへ
2015年09月12日 00:01
長い歴史の中での試行錯誤の末に作られたシステムではないでしょうか? ヨーロッパのど真ん中で、常に「敵」と呼べるものが隣り合わせだったのかもしれませんね。

この記事へのトラックバック