庭とテラスの展示会

毎年この季節に開かれる展示会。

画像


庭やテラスに置くファーニチャーのみならず、
石や岩や
植物、
グリル、
様々な庭とテラス関係の展示会です。

お友達から入場券をいただきました。
この方は生け花の先生で
「生け花インターナショナル」というグループに属していますので、
その仲間と共に生け花展示をしていました。

画像


画像


画像


画像


驚くことはこの生け花(流派は様々でしたが)
活けた方は(3枚目の写真以外)全部スイス人!

沢山の方がじっくりと見ていましたね。

私は生け花主体に見ましたが、
他にも面白い展示がたくさんあり、広い館内をゆったりと鑑賞。

画像


上は天然石を利用したテーブルなどの展示。

画像


画像


館内には滝が流れ、池があり、芝生があり


何よりも花が咲き乱れていて、
すっかり春の気分になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年03月20日 10:13
生け花、スイスの人の作品も素晴らしいですね。 日本の人のは何となく、どこかで見た感がありますね。
 最近はヨーロッパの人が盆栽を買いにくると聞きました。生け花などの影響があるのでしょうかね。
2016年03月20日 14:10
近頃テレビ番組で観たのですが海外で
日本庭園などに興味をお持ちの方々が
増えているとの話を聴きました。
araraさんがこうしてご紹介して頂くと
なるほどと納得します。
2016年03月20日 15:50
日本人よりも 日本人らしい「感性」が あったりして?
what's up?さんへ
2016年03月20日 16:59
日本庭園はとても人気があり、小さな川や滝が流れる庭は、ちょっとした夢みたいな、そんな感じがあります。盆栽も「Bonsai」としてごく一般的になっています。
はぎさんへ
2016年03月20日 17:01
これまでのヨーロッパでは庭というのは芝生、花壇、だったと思うのですが、今は日本庭園的に庭に川や橋を作るのが流行っています。ある程度の広さがないと無理ですが。写真もなんとなく和風ですよね。
まだこもよさんへ
2016年03月20日 17:02
というより前世は日本人?
あきさん
2016年03月20日 17:55
例えば東京ドームで開催される蘭展とかガーデニングショー、西武球場で開かれるバラ店などは、来場者が多くて、まるで人を観に行ったのかと思うほどになりますが、写真で紹介して下さったチューリッヒの会場は、落ち着いてじっくり鑑賞できるような感じですね。
日本の生け花とか、庭の感じもなんとなく日本庭園をイメージさせるような形式になっているのでしょうか。
静かにじっくりと見て廻れる雰囲気ではなかったでしょうか。
あきさんへ
2016年03月20日 19:33
そうですね、でも私の感覚では(週日の午後だったので)混んでいる印象でしたが、東京と比べたらさすが空いていると言えますね~。何しろ広い会場で、全部見たらとても疲れそうでしたから、だいぶ省きながら鑑賞してきました。春爛漫な会場でした。
2016年03月20日 19:56
3枚目の出来栄えが一番良いですね。
テレビで芸能人が「生け花」「俳句」「料理」を競う番組があって、評論だけ達者になってしまいました。
残り3枚では2番目が良いですね。
2016年03月20日 21:08
そこは日本かと思うほど日本ぽいですね。
でも庭園の光などちょっと違うテイストも入っていて、わびさびとは違う何か新しい展開もあるのでしょうか。
いずれにしても、その場に身を置くと幸せな気分になること間違いなさそうですね。
一般人さんへ
2016年03月20日 22:31
生け花の3番目はちょうど光の当たり具合も良く、しかも日本人の生け花で、とても素敵でした。テレビからの耳学問のような感じで、国民皆評論家の時代でしょうか?
すずりんさんへ
2016年03月20日 22:33
大ホールのような場所にどうやって巨大な石を運んだのかしら?とびっくりしました。さらに池も作られていて、1週間足らずの展示会にものすごくお金をかけているなあ~と思いました。
なんとなく和の感じ、ありましたね。

この記事へのトラックバック