ホテルでボヤ騒ぎ

アメリカ滞在最後の日-サンフランシスコでした。

画像


ホテルはフィッシャーマンズワーフの目の前の200室ほどのホテル。

明日はいよいよ帰国日だから、
出発時間が来るまでホテルに荷物を預けて
ゴールデンゲートを船から鑑賞しようなどと話し合っていました。
夜の10時ごろ。

突然「ビービービー!」とものすごい警告音!
飛び上がらんばかりにびっくり!
音源はどこ?
壁についている「Fire Alarm」からです。

「火事だ!」と
夫と一緒に部屋の戸を開けました。
隣も、その隣も、
みんなパジャマ姿で
そろそろと出てきました。
私達も部屋から出て廊下へ。

「火事みたいですね!」
「非常階段は?あ、ここだ、すぐそばにある」
「逃げたほうが良いのかしら?」

と、3分ほどしたら警報音が止まりました。

そこにホテルの人が来て、
「全員、階段でロビーに降りてください。」と
(私達のフロアは一番上の4階でした)

え?!じゃあ、やっぱり?

部屋に戻って素早く着替えて、
金庫からパスポートとお財布を取りだし自分のバッグに入れて、

この間、2分ほど。

再び廊下に出ると
7歳ぐらいの男の子がパジャマ姿で
「わ~ん!こわいよ~。」と言いながら胸を押さえてそこに立っています。

「大丈夫!怖くないわよ。ママと一緒に移動しなさいね。すぐに終わるから」と声をかけ、
ママもすぐに着替えて出てきました。それを確認して非常階段へ。

近辺のみんなと一緒に階段を文字通り駆けおりました。

入れ違いに上ってきたのが消防士数名。
ものすごい分厚い消防服を着こみ、ペタンコではあるけれど重そうなホースを肩に。

一瞬、ツインタワービルの映像が頭に浮かびました。

ロビーにはたくさんの人たちが、
すぐ外の道路には2台の消防車。


約5分後、再びホテルの人が来て、
「終わりました。皆さんお部屋に戻ってください」と。


***********

なんだかんだの大騒ぎの割には

その後はまるで何もなかったかのように、平常に戻りました。

館内放送があるわけでもない、
「○○室から出火しましたが、無事消火しました」と説明があるわけでもない、
それより本当に火事があったのだろうか?
消火したのだろうか?
良く分からない。

これでいいんだろうか?
日本だったら皆さんに謝って回るだろうなあ~なんて考えながら眠りました。 

あ、そのために宿泊料金割引があったなんてことも全くありませんでした。

こんな経験、初めてです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2016年07月03日 10:19
すごい体験ですね。
現実に火事にならなかったのが、幸いでしたね。
外国での緊急事態はパニックになりがちですが、冷静に対応ができ、素晴らしいですね。
ホテルの対応は???ですね。 おもてなし以前の問題ですね。
あきさん
2016年07月03日 10:46
ボヤで済んで何よりでした。
本当に煙や炎に巻かれてしまったら大惨事ですから、良かったですよ。
結果オーライでしたから言えることですが、旅の最後に思わぬハプニングを経験できましたね(微笑)。
きっといつまでも記憶に残る出来事になるでしょう。
ところで、ゴールデンゲートブリッジの下を船でくぐるというイベントはどうなりましたか?
卑近なお話で恐縮ですが、20年ほど前に出張で行ったときはこの橋を車で渡りました。仕事相手はナパ・バレーの大きなワイナリー経営者でしたね。
今となってはそれこそ懐かしい思い出の一つです。
what's up?さんへ
2016年07月03日 17:53
こんな体験は初めてでした。廊下に出ても煙も匂いもなく、本当かな?機械の故障では?と思いましたが、消防士を見て「あ、本当だったのだ!」と思いました。
場所がアメリカですから、簡単にお詫びなどするとあとで訴えられるという可能性があって、すみませんはなかったのでは?
あきさんへ
2016年07月03日 17:57
本当にぼやで済んで良かったです。旅行最終日ですから、これも思い出になりそうです。
ゴールデンゲートブリッジの下をくぐる船は毎日、1時間起きぐらいに出ていて、簡単に乗れました。なかなかの眺めでした。ゴールデンゲートブリッジはいつも渋滞なのですが、私達もゆっくりと車で走りました。霧も出なくて写真に撮るには最高でした。
2016年07月03日 19:41
何だかわからないことが日常。アメリカらしいエピソードです。搭乗時間ぎりぎりについてカウンタで怒られ、満席でもなく大雪でフライト2時間待ち。この時、アメリカという国を理解しました。
arara
2016年07月03日 20:35
日本のようにいろいろと説明はしてくれないんですよね。それはヨーロッパでも時々感じることですが。大体飛行機に乗るお客様に対して怒るって!日本ではありえないですが。
一般人さんへ
2016年07月03日 20:36
ごめんなさい、上のコメント、一般人さん向けでした。
2016年07月03日 23:08
旅の終わりに、大変な経験されたのですね。
???だったようですが、それでも大事に至らなかったということで、よかったです。
日本に観光にこられた多くの方は日本は人が親切だと言いますね。
海外では(国によるのかもしれませんが)笑顔を期待しないようにと言われたことを思い出しましたが
おもてなしに慣れてると違和感ありですね。



すずりんさんへ
2016年07月04日 00:27
文化が違いますので、出かける場所によっては注意が必要です。でも基本的にはアメリカ旅行中にはそれほど不快感は持ちませんでしたよ。にこやかな表情の人が多いと思います。ただこのボヤ騒ぎの時には説明が全くないことに少々疑問を感じました。
2016年07月05日 16:44
「火事」…昔だったら 「タワーリングインフェルノ」を 思い出したかも?でも 今は 「911」を 思い出してしまう? まぁ ご無事で よかったです!
まだこもよさんへ
2016年07月05日 23:41
「タワーリングインフェルノ」はみじんも思いだしませんでした。それも時の流れでしょうか?

この記事へのトラックバック