砂の建築物

現在チューリッヒ中央駅のあちこちに

画像


このような砂で作った建築物が展示されています。

上はロンドンのビッグベン。

下はローマのコロッセオ。

画像


そしてこちらはアテネのパルテノン神殿。

画像


周辺にはガラス壁がめぐらされていましたが、
なかなか精巧な造り具合です。

いつまで展示するのかわかりませんが、
お出かけの方、一度ご覧になってみてください。
ちょっと旅行した気分になれるかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2016年08月18日 22:32
ガリバーの気分で世界旅行ができますね。
鳥取砂丘の側にも砂で世界の建物や人が作られています。
毎年作り替えるようですが、初めての年は渋滞で車が進みませんでした。今はどうなっているのか話題にならないです。
チューリッヒではゆったり見られそうですね。
すずりんさんへ
2016年08月19日 01:18
鳥取は砂丘がありますものね。東北や北海道ではこれが雪で作られ、なかなか凝ったものが並び見事なものですよ。お遊びの域を超えてます。
2016年08月19日 09:39
精巧な作りですね。
海水浴にいった時に作った、落とし穴とか、砂山とはレベルが違いますね。 面白い。
あきさん
2016年08月19日 16:11
ホーッ・・・・いわゆる「サンドアート」と言うものですね。見事なものだと思います。
駅の構内にこのような展示が出来るのですから、チューリッヒ駅は広くて大きいのでしょうね。
精密機械を作るのがが得意なスイスの人々の真骨頂を見る思いがします。
日本では「札幌雪祭り」で巨大なスケールの雪の芸術が立ち並びますが、雪と砂、どちらが大変かなあ・・・。
そういえば茨城県日立市の海岸に、夏になると毎年、砂で作ったオブジェが立ち並びます。
おっと、また余計なおしゃべりをしてしまいました。
what's up?さんへ
2016年08月19日 18:28
精巧にしっかりと作ってありましたが、ガラス塀のためにあまり近くには行けませんでした。もっと吟味して見たかったのですが。
あきさんへ
2016年08月19日 18:32
普段は展示場として使う場所にも一つあり、そこはがらんとしていました。(ビッグベンのある場所)日本でのさっぽろ雪まつりには一度行きましたが、素晴らしかったです。緻密ですごいものを、しかも沢山展示していてびっくりでした。日立市の海岸でも、鳥取砂丘のように作品が並ぶのですね~知りませんでした。
2016年08月19日 18:56
何がきっかけの展示でしょう。コロッセオはすごいですね。どうやって砂がくっついているのか、想像できないです。
一般人さんへ
2016年08月19日 19:14
この展示はたぶんオリンピックの期間に関係しているのではないかと思いますが、私もよく分かりません。ただ水を加えて固めただけではないでしょうね?~???

この記事へのトラックバック