按針さん

画像


スイスは昨日からの3連休。
今日からはちょっとお天気が良くなくて、
テレビをつけたら~

按針さん!

なつかしい~~!

30年も前ですが、「将軍」という本がベストセラーになって、
アメリカでテレビドラマ化されたのが、日本でも放映されていました。

よく見てました。

主役がリチャード・チェンバレン、
将軍役が三船敏郎、凄いですね~
そして女性通訳の役が島田陽子、

今日はそのドラマが5時間の枠、
明日はまた5時間続けて見せるようです。

とても10時間は見るのが辛いけど、
懐かしさの余りに、つい。

この記事へのコメント

2019年06月10日 08:27
三浦按針さん、名前だけでどんな人物か知りませんでした。徳川家康の家来になった外国人なんですね。江戸時代と聞くと鎖国が思い浮かびますが、家康の時代には交流もあり、彼らのような外国人から知識、情報を得ていたのですね。
what's up?さんへ
2019年06月10日 22:11
鎖国といっても家康の時代はゆるいものだったようです。三浦按針は結果的にイングランドに帰ることなく、日本で人生を終えました。ドラマチックな一人の船大工(水先案内人)のお話が一時とてもブームになりましたよ。
2019年06月13日 19:36
私は按針さんより、リチャード・チェンバレンが懐かしい~
ずっと昔のテレビドラマ(何だったっけかな)で良~く観ていたハンサムな俳優でした~
イエティ1号さんへ
2019年06月13日 22:39
懐かしい名前ですね~。今どうしているのでしょうか?あの手のハンサムは若い時には売れるけど、中年以降は役があまり回ってこない可能性がありますね。日本人の役者でもそれは同じかしら???
2019年06月16日 16:34
私もTVで その頃 LIVEで見ましたよ。
興味がありました。
島田陽子さんは、あのTVドラマで ブレイクしましたが その後、ほとんど 出られなくて、( あまりに 将軍というドラマで 売れすぎて 偉そうになってしまって 毛嫌いされたようですよ。)寂しい晩年だったようです。
ハイジママさんへ
2019年06月16日 18:19
まあ、見てましたか!懐かしいですよね。お話はアメリカ的にだいぶ脚色されていましたが、基本的には毎回楽しめるように作ってました。
島田陽子さんは今どうしていらっしゃるのでしょうか?美人さんというのは晩年が淋しいものになりやすいのでしょうかね?

この記事へのトラックバック