三大テノール

昨夜、テレビのチャンネルを変えたら懐かしい「三大テノール」が歌っていました。

まあ~~~懐かしい、嬉しい!

じっくりと1時間、聞かせて、見せていただきました。。あ~~~楽しかった。


b0301101_15362566.jpg

ウィーンでのコンサートを主体にして、バルセロナや東京、ヨハネスブルグなど、世界のあちこちで3人が一緒に登場した時の映像が次々と出てきました。 

ルチアーノ・パヴァロッティ、
プラシド・ドミンゴ、
ホセ・カレーラス


それぞれが素晴らしい歌声。
三人三様の歌い方でありながら、この3人が一緒に歌えばその場はものすごいパワーに満ちていくようでした。


プラシド・ドミンゴだけは一度コンサートに行って、生の歌を聞きました。もう20年ぐらい前になるでしょうか?夫からの誕生日プレゼントにドミンゴの切符をもらい、一緒に行きました。それは本当に嬉しいプレゼントでした。
その時に感じたのは、彼は芸術家であるということでした。オペラで主役を演じる重要なテノール歌手なわけですが、その表現力は歌にも体にも、表情にも表れていました。うっとりとしました。


パヴァロッティのコンサートに一度行きたい・・・と思っていたのですが、残念ながら2007年に亡くなってしまいました。

ちょっと調べたら、元々個別に活動していたこの3人でしたが、ローマのカラカラ浴場で開かれたサッカーワールドカップの前夜祭で、3人が揃って登場したのが始まりだったそうです。1990年のこと。もう30年も前の話なんですね~~~!

白血病から奇跡的回復を遂げたホセ・カレーラスが、「ホセ・カレーラス国際白血病財団」を設立し、その基金のために3人で一緒に歌おうということになったのが始まりだったそうです。


カラカラ浴場で三大テノール、う~~~ん、それは聞きたかったなああ~~~!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

w
2020年07月21日 08:36
2020年07月21日 08:42
辛うじて名前が分かるのは右側のパヴァロッティさんです。CMで観たのかな。
日本人はオペラ関係は余り馴染みが無いから、好きな人はすごく熱心ですけど
殆どは関心が無いかもしれません。
英会話クラブにオペラ好きがいますが、話についていけません。
2020年07月21日 17:31
「三大テノール」日本でも話題になりました。
迫力ありましたね。
それがもう30年も前の話なのですね。
パバロッティさんが亡くなられてから13年なんですか。
ドミンゴさんのコンサートに行かれたのはいい思い出になったことでしょうね。
what's up?さんへ
2020年07月21日 17:46
オペラは私もこちらに来てからです。頻繁に行くほど好きというわけではないのですが、良い出し物の時には見に行くようにしています。チューリッヒにオペラ座があることはやっぱりラッキーなことですね。パヴァロッティは早くに亡くなってしまい、本当に残念です。
すずりんさんへ
2020年07月21日 17:51
そうですね~もう20年ぐらい前のコンサートなのに、今でもふとドミンゴのステージを思い出すことがあります。一人でも十分に満員の観客を楽しませてくれるのに、それが3人になるとものすごいエネルギーと熱気だったでしょうね。その空気が伝わってくるような番組でした。3人で(東京で)「川の流れのように」を歌った時の観客の歓び様と、3人の歌声、笑顔が素晴らしかったですよ。あれ、探せば You Tubeで見つかるかもしれませんね。