不思議

ちょっと驚きました!

パソコン利用で日本と国際会議を開きました。
会議と言うと深刻そうですが、知っている人間ばかりで
コメント交換会、みたいな。

会議のメンバーは日本(東京)、スイス、ドイツ、韓国、オーストラリアに在住している人たちです。
全部で10名ほどが全員自宅のパソコン前に座り、
共通のテーマを話しあうわけです。

画像



これが3回目だったのですが
今回なぜか私の音声が他の人に届かない。
他の方の音声はちゃんと聞こえるし、画像も見えます。

あちこち音声に関する設定をいじってみたけれど、
最後まで私一人はチャットのように
字を打ってコメントするしかないままで終わりました。

パソコンに精通している男性が一人、そこにいました(東京)。
それで、4回目以降の会議のこともあるので次なる手を使いました。

「ちょっと Arara さんのパソコンに侵入して確認してもいいだろうか?」というわけで、
まあ、別に隠すような情報も銀行口座も入っていないですから、

「あ、お願いします」ということになりました。

あるソフトを私の方でダウンロードします。
そこにIDとパスワードが表示されます。
それをパソコンに詳しいこの男性(パソコンマンとでも呼びましょう)に伝えます。

・・・・・ここまでは電話利用で話しました。

そうすると、パソコンマンは東京からスイスにある私のパソコンに侵入することができるのです。
どうやらパソコンマンのスクリーンには私のスクリーンがそのまま同じに写っているらしく、
彼がマウスを動かしてあちこち確認作業をしているのが私の画面でわかります。
ポインターが勝手にあちこち動いては
様々なページがスクリーンに広がります。

要するに二つの全く同じ画面を東京とスイスで二人で見ているんですね~。

パソコンマンはあちこちをチェックして音声の問題点を発見し、
すぐに修正してくれました。

「聞こえますか?」
「大丈夫ですね。では次回まで音声部分の設定を変更しないようにお願いします」

というわけでセッション終了しましたが、

どうにも不思議でたまらない私。


??????
首をひねりながら、修正されたからいいけれど、
できたらその理屈を知りたいなあ~と思って…・
私の頭での理解では無理か?


あ、ご心配なく、パソコンマンは身内のような近い距離の男性ですので、
そのIDやパスワードで何か悪事を働くような人ではないですから。

面白い体験でした。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2016年05月05日 19:07
20年前に自宅から会社のパソコンにアクセスしていた時代を思い出しました。こっそりと、休日出勤しない上司のパソコンの電源を切った同僚も。
2016年05月05日 20:04
よくわからないですけど、パソコンのサポートセンターがリモート操作でトラブルの原因や、操作指導するような感じですね。 あれ、気持ち悪いですよね。
何もしていなのに、画面が次々と変わっていくので、変な感じでした。
あきさん
2016年05月05日 20:08
私は自他共に認める「パソコン音痴」でして、トラブルが発生しても自分では絶対に修復できない人間です。
そこで・・・そんな私は日常的に、といってもしょっちゅうという意味ではありませんが、年間2~3度はそのシステムを使ってパソコンのトラブルを解決していますよ・・・・。
因みに、私のPCは東芝製ですが、東芝には「遠隔ナビ」というシステムがあって、トラブル発生で困ったときにその窓口にアクセスします。
すると、一定の手順を踏んだ上で、今回araraさんが説明されたことと同じことをやってくれるのですよ。
このシステムがなかったら今日の私のPC生活は成り立たなかったと思いますね(微笑)。
ということで、如何でしょうか。
でもararaさんの場合はメーカーではなく、全く別のメーカーのPCだと思いますから、件の紳士は凄い腕前の方だと言うことになりますよね。
凄いレベルの高い方だと思いますよ。もしかしたらサイバーポリスの方かな???
一般人さんへ
2016年05月05日 20:21
・・・・ということは一般人さんはかなりのパソコン技術者?! こういうことができる人はすごいなあ~と常日頃感じています。パソコンは奥が深いですね。
what's up?さんへ
2016年05月05日 20:26
パソコンのサポートセンターでも同様なサービスがあるのですね。そういうことを全く知らないでここまで来ましたが、今回初めて他人が私のパソコンに入るという体験をして感嘆!まだまだ素人レベルなんだと自覚しましたね。
あきさんへ
2016年05月05日 20:36
あきさんはサポートセンターを利用して、すでに同様のことを体験しているのですね。初めての人にとっては勝手に自分のスクリーンが作動するのを見て、びっくりです。今回のソフトは「遠隔ナビ」のソフトだったというわけですね!!! はい、このパソコンマンのパソコン知識はものすごいみたいです。だって、言葉で説明しようにもパソコン用語を間違って使っていることもあったりして、パソコンマンを煙に巻くこともあるみたいで、本当にご迷惑をおかけしています・・・・
2016年05月05日 21:50
パソコンマンさんすごいですね。私には???
arara さんが5か国、10人の方々と国際会議をされていることにもすごいなぁと驚いています。
私なんて初心者も初心者。一年前まではタブレットを使うくらいでパソコンとは無縁の生活でした。
今もトラブルがあると夫頼みです。夫も私よりましと言うくらいで(汗)
すずりんさんへ
2016年05月05日 22:12
国際会議、と名前は大げさですが、世界中に散らばっているサークルのメンバーが時にコメント交換をしあうだけなんです。パソコンを本当に使いこなすには何十年もかかりそうな私です。海外生活ではパソコンによって助かることがすごくあり、必需品なのですが、面倒だからと決めつけて相変わらず手紙、電話の暮らしをしている同年代の方もいますよ。
2016年05月06日 11:30
私も時々PCのリモートサービスを受け
ます。で、その体験はありますが確かに
操作が早いですよね。
PCでの国際会議ですか?私も時々友人達
とやっていますよ。
2016年05月06日 14:55
私の場合は 二人の息子が、もちろん今の時代を生きる者ですから PCには強いです。仕事でもいつも使うのですね。
ある時 いたずらで 息子が私のPCを 名古屋から遠隔操作して 困らせたことが有りました。
その時は もう~~ビックリしましたよ!
私にも とうてい理解不能な事ですし~そこまでしてPCを扱おうとは 思いませんね。
はぎさんへ
2016年05月06日 16:16
はぎさんも体験済でしたか。自分の目の前のスクリーンが勝手に様々なことをするとびっくりしますよね。
パソコンを通して国際会議も可能になって、夢のような時代になりましたね。
ハイジママさんへ
2016年05月06日 16:19
息子さんの居るご家庭のお母様は、やっぱりパソコンに詳しくなるようです。うらやましいですが、お宅のようにちょっといたずらもされることが…! 初めはびっくりなさったでしょう。「なに、何、このパソコン、壊れてるんじゃ?」と思いますよね!! 

この記事へのトラックバック