イギリスのEU離脱

まさかと思う結果が出ました。

画像



国民が選んだことではありますが、
EUからイギリスが離脱することになって
ヨーロッパ全体に、あるいは日本にはどういう影響が生まれるのだろうか?

政治や経済を最も不得手とする私でさえも
ちょっと心配しています。
金曜日からすでに世界市場は混乱しています。
これが長期にわたってとどまり、世界恐慌的な状況が生まれる?
まさか、とは思います。



イギリスに出資していた各国の企業は
もしかして、イギリスから引き揚げて
ドイツ辺りに全体を移す可能性は?
いや、むしろ経費の掛からない東欧を目指すかも。

新たな関税のシステムが生み出されるのでは?
でなければグローバル経済にとって
あまりに痛手な独立宣言です。


EUは他にも難民問題というのを抱えています。
イギリスに渡った難民は、EUの援助なしには生きていけませんが、
イギリスは今後この部分をサポートする気はないのでしょうか?

そうするとEUに難民を戻す?あるいは経費負担をEUに請求?

とにかくあらゆる分野で様々な変更をせざるを得ないことが出てきます。
・・・・それが私達のような普通の人々にとってどのような意味を持つのか?
これからのイギリスの進め方次第で、大きな影響がじわじわと迫ってくる可能性もあります。

全く明日はわからない状況になってきました。

イギリスはドイツと共にEUをけん引してきた国ですから、
EU全体にとってどれほどの痛手なのでしょう?

スイスはEUには加盟していませんが、
(永世中立国として国連にも加盟していないのです)

経済協定や労働者協定はEUと結んでいます。
それがスイス経済を活性化させていることは事実です。
これからどうなりますか?

私にとっては全く予想の付かない事態がスタートしたようです。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2016年06月25日 17:40
イギリス国民は間違った選択をしたので
はないかと思うばかりです。
そもそも何でグループEUをつくって手を
繋いで来たのでしょうか。そんなところ
から考えてみたいものです。
はぎさんへ
2016年06月25日 17:49
世界がますます不透明で、先が読めない状況になってきました。今回多くのイギリス国民は、「難民受け入れはしたくない」「ギリシャなどの貧しい国のために自国の税金を使いたくない」「自国だけを守りたい」と内向きの動機で進んだのではないでしょうか? それはアメリカ大統領選と同じような動きが世界にあるということ?
あきさん
2016年06月25日 18:52
私は今回のイギリス国民の決断を、私たちが云々してはいけないような気がします。
これは、イギリス国民が苦しみ、悩んだ上で下した大きな決意だと思うからです。
むしろ、私たちはこれから起きる様々な問題や現象に、柔軟に対応できる心の準備、政策の準備、体制の準備、投資の準備をするべきだと思うのですがどうでしょうか。
個人レベルで申すなら、将来の生活設計を見直す必要が出てくるかもしれないですね。例えば預金を外貨預金に切り替えるとか・・・ね(微笑)。
私は原資がないので、いずれにしてもお手上げ状態ですが・・・・。
あきさんへ
2016年06月25日 19:15
なるほど、イギリス国民の意志を尊重しようではないかということですね。良いとか悪いではこれは判断できない事項ですね。こちらとしては、あきさんの云うように、柔軟に対応すること…・それが難しいであろうとは予想がつきますが・・・・。
2016年06月25日 19:35
ギリシャのときからEU制度の破たんは目に見えていたので、当然だと思います。
昔に戻るだけなので、大丈夫だと思います。
一般人さんへ
2016年06月25日 20:10
でしょうかね?スイスに住んでいると「ヨーロッパ、大丈夫かな?これから?」と感じます。EUによってヨーロッパ全体の経済が活性化したことは確かですが、ギリシャの問題辺りからおかしくなってきました。
2016年06月25日 20:17
スイスも全家庭にお金(給料)を支払う提案の国民投票にNOを票決をしたと最近、読みました。 政治家が国民に判断を任せる国民投票も、半々となるとしこりが残りませんかね? 本当に国民投票がよかったのか疑問です。 まあ、イギリス人らしい結果だと思います。
what's up?さんへ
2016年06月25日 20:50
スイスのベーシックインカム問題は、初めから無理だという大方の意見でしたが、やっぱり拒否されました。この場合にも感じましたが、国民はそれほどバカじゃないというのが私の気持ちでした。ですからどちらかと言えば、私自身は国民投票という形は良いのではないかと思っていますよ。今回の場合にはほぼ半々だったことが危うい点ですね。
2016年06月25日 22:37
遅くなりましたが、先ずはお帰りなさ~い!
有意義で、楽しい休暇だったことと思います。
でもお家に帰られるとほっとされるのでは。お疲れが出ませんように。アメリカ紀行のブログ楽しみにしています。
英のEU離脱のニュースは世界を駆け巡りましたね。
国民はバカではないと同時に、瞬間の風というか、感情と言うか流れと言うか、何だか怖いものがあるようにも思います。
いろいろ情報は入ってきますが、正直、何が良いのかよくわかりません。ただアメリカの大統領候補といい、英のEU離脱といい、何だか内向きで、ザワザワと不安がつのります。

すずりんさんへ
2016年06月26日 01:12
今回は長かったので疲れました。家に戻って「やれやれ、家が一番!」と思いました。
世界は今後を見通せない時代になっています。たぶんこうなるだろうという予測はほとんど通じない、ということは漠とした不安感を抱かざるを得ませんね。いつからこんな空気が流れるようになったのでしょう?
2016年06月26日 07:58
明日の世界がわからない!そんな時代です。
言えることは どこの国も 自国の利益だけ? 世界全体のことを考えなくなった傾向?かも。
日本のように 自由経済の恩恵を受け 貿易中心でやってきた国は 保護主義 鎖国のような国が増えることはマイナスになります。やりにくい世界になるようです。
世界が平和ならば 自由に行き来し~仲良く出来るのに、これだけ国対国が対立構造になると やりにくいばかりです。不安が増しています。
2016年06月26日 14:27
こんにちは。
イギリスのEU離脱のニュースには驚きましたね。 離脱派は、移民の増加で職を奪われ社会保障費の負担増で生活が苦しい、と言う庶民感覚があると思います。政治家や一部のエリート層は民意を読み誤ったと考えられます。イギリスはEU各国との貿易や人の移動に、今後はある程度の制限を設けるでしょうね。

おっしゃる様に経済活動にはマイナス要因となり、移民や難民問題の解決も更に難しくなりそうです。

『 世界の平和と繁栄 』と言う理想が遠くなります。
ハイジママさんへ
2016年06月26日 15:08
グローバル化した世界で人の流れが大きくなり、逆説的ですが、それが内向き経済と政治につながってきたように思います。イギリスもものすごい人数の外国人が暮らしています。植民地時代のつけもありますが、中東からの難民問題は大きいです。今後はおそらくヨーロッパ全体が右傾化していくような気がします。
華の熟年さんへ
2016年06月26日 15:12
そうですね。ヨーロッパは今後が全く不透明な状態です。一時のような安心してどこにでも旅行ができるような状態(まだ現在は大丈夫ですが)から、「人を見たら疑え」式の異文化への懐疑がますます広まっていくのではないかと感じます。実際すでにテロも起こっていますし。暮らしにくくなるのではないかとちょっと気になります。

この記事へのトラックバック