暑い日のメニュー

秋風はまだかしら?と恋しく思う季節。

まだ日中は暑い毎日です。
こちらは湿気がないだけ楽ですが、
あと1-2週間は続きそうな気がします。

暑い日は食欲が落ちますので、こんなメニューで目先を変えてみました。


画像



市販のライスペーパーを使って
生春巻き我が家風です。

手が器用だと上手に巻けますが今日のライスペーパーは小型だったためにちょっと大変でした。


画像


お味は大好評。


中に入れる物は豚肉、エビ、野菜、それに昨日の残り物などなんでも良いのが嬉しいです。
冷蔵庫の整理を兼ねて。(準備しなかった人にはそれと分かりませんが)


好評だったので今年はあと数回、このメニューが出てきそうです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年08月16日 20:55
araraさん風生春巻き、美味しそうですね。
作る者にとって、大好評は嬉しいですよね。
大好評で、そのうえ冷蔵庫の整理もできて言うことなしですね。
ライスペーパー、海苔、トルティーヤ、具は用意しなければいけませんが、巻くのは食べる人だから、友人とのランチなんかに重宝しますよね。
2018年08月16日 21:15
世界的に暑い夏ですね。 冷たいものばかり食べています。食欲もありそうで、なさそうで、でも頑張って食べています。水分一杯取っているからでしょうかね。
2018年08月16日 21:56
ライスペーパーという方法 良いかと思います。
私は 冬場には 春巻きにします。
何でも入れて 揚げれば~ 何でも・・・始末が出来ますよ!
すずりんさんへ
2018年08月17日 02:18
冷蔵庫の中の残り物をどうしようか?なんていう時にはこのアイディアは最高ですね。ソースは市販の北京ダックソース(中華製)とスイートチリソース(タイ製)を使いましたが、どちらかと言えばスイートチリソースがとても合いました。お試しを。
what's up?さんへ
2018年08月17日 02:20
暑い時には食欲が湧かず、日本だとさしずめお素麺とかざるそばになりますね! 大好きですが、何か一緒に添えないと炭水化物ばかりになって気になります。
ハイジオバサンへ
2018年08月17日 02:22
夏も冬も冷蔵庫の残り物の処理の仕方はいろいろありますね。どのようにごまかしてほぼ新しい味にしてしまうか?主婦の知恵ですね。
2018年08月17日 10:11
こんにちは。
今年の夏は猛暑でしたが、台風の影響で朝夕は少し涼しくなってきました。暑さで食欲も減退しますが、ご紹介されている生春巻きは美味しそうです。具材には、豚肉、エビ、野菜、等々を入れて栄養満点ですね。買い物や夕食造りの担当をしているので参考になりました。
2018年08月17日 11:40
成程、美味しそうですね~。
ライスペーパーって未だ私使った事がありません。
今度ライスペーパー、探してみましょう
人が大勢来た時にも良いかもね。
華の熟年さんへ
2018年08月18日 17:37
あれ!華の熟年さんはお料理もなさるんですね。ちょっと驚きました。このメニューはお料理というよりも準備という感じで、それでも豪華に見えますし、食べる人も作業をするので楽しいですよ。お勧めです。
イエティ1号さんへ
2018年08月18日 17:39
簡単、豪華でしかも楽しい食卓になりますよ。お孫さんたちが集まった時など、皆喜んでくれると思います。ぜひ試してみて、結果をブログにアップしてくださいね~!
2018年08月18日 18:41
再コメントです。
『 食べる人も作業をする食事方法 』は手巻き寿司と同じ要領ですね。海苔とご飯の上に色々な具材を自分で選び、食べる方法です。

私はマーケットへ食材の買い物をして、毎日の夕食を造っています。得意メニューは、カレー・おでん・鯵の南蛮漬・すき焼き・ゴーヤーチャンプルー・ブリの照り焼き、等々の20種類くらい出来ます。生まれ育った実家は料理旅館をしており、父親の包丁さばきを見ていました。但し、味は未だ未だ未熟です。
華の熟年さんへ
2018年08月18日 19:31
そうですね~手巻き寿司の東南アジア風とでもいいますか?人が集まった時など賑やかにワイワイと楽しみながら食べることが出来そうです。
それにしても華の熟年さんが毎晩のお料理を担当していらっしゃるなんて、想像していませんでした。しかも得意メニューの中に「鯵の南蛮漬け」があってさらに驚きです。二手間がいるメニューですものね。ご実家が料理旅館!良いですね~!憧れです。
2018年08月19日 02:45
再々コメントです。
「鯵の南蛮漬け」は、小アジを三枚におろして頭と骨を取り→小麦粉をまぶす→サラダ油できつね色に揚げる→玉ねぎを縦割りに細かくきざむ→米酢・醤油・だしの素・砂糖を鍋で混ぜて加熱し溶かす→米酢の出し汁に揚げたての鯵と玉ねぎを入れて良く混ぜる。→出来上がりです。

実家の料理旅館は父親が亡くなる15年前に既に閉店しています。家は同じ場所に新しく建て替えています。
華の熟年さんへ
2018年08月19日 18:47
おお!素晴らしいですね。今どきの若い人たちは小鯵を三枚におろすことすらできない人が多いでしょう。
手をかけたお料理はやっぱりおいしいですね。
料理旅館がすでに閉店しているのは残念です。何事も流れていき、変化していき、諸行無常ですね。
2018年08月22日 07:14
妻が 前にライスペーパーで 何か作ったことがあったが・・・・まだ残っているけど もう使えないよね~(何年経った?)_
まだこもよさんへ
2018年08月22日 23:06
数年前のライスペーパーを利用するのは、さすがにお勧めできないですね~。

この記事へのトラックバック