テーマ:旅行

サンモリッツ・・・セガンティーニ美術館

たった3泊の小旅行でしたが、盛りだくさんの内容になりました。 旅行記はこれで終了ですので、締めをアルプスの美術で終わらせたいと思います。 ************** せっかくサンモリッツまで足を延ばしたのだから・・・と 以前から行きたいと思っていた「セガンティーニ美術館」に立ち寄りました。 とても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チーズ農家へ

氷河を見た後はチーズ農家へ行きました。 そこはキャンプ場に隣接した農家で、キャンプ場に宿泊している人たちのための朝食も野外で提供している(商売上手な)農家? ビュッフェ式の朝食でした。 ********** 参考までにここのキャンプ場は4つ星キャンプ場でした。シャワー設備やキッチン設備、トイレ、洗濯機などがきちんと管…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ポントレジーナ(サンモリッツ近辺)から氷河見物

ロゼック・グレッチャーへ。 グレッチャーとは「氷河」のことです。 ポントレジーナで車を駐車場に止めて、ロゼック・グレッチャー・ホテルへ馬車で移動。 車利用ができない場所にある一軒宿です。 こういう道をとことこと馬車が行きます。 4-5人用の馬車も、20人も乗るような大きな馬車もあり、お馬さん、頑張ってね!と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

国境を超えて

スクオールのすぐそばにあった古城。 今では個人所有のお城だそうで、中を見ることが出来ませんでした。 今回廻った地域は下のスイス地図に赤いマークがついたあたりです。国境が近いことが一目瞭然ですよね。スイス自体が九州とほぼ同じ面積ですので・・・ 次は世界遺産の「聖ヨハネ・バプティスト修道院」 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スクオール・・・温泉町

ホテルが高台にあり、町全体を眺めることが出来ます。 温泉が湧き出るスクオールは、山間の温泉宿としてだけでなく、冬にはスキー客も集まってくる町。スキーコースは80kmもあるそうです。 ホテルは意外と混んでいます。 スイス人客が多いような気がしました。きっと、コロナ問題が起こってからホリディで国外に出かけるよりも、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グアルダからスクオール(シュクオール)へ

グアルダはこの界隈で一番可愛らしい村、という評判です。 山の中腹にちょこんと見えてきます。 教会を中心とした小さな村。 写真ではトラクターの上部、左側の崖に立ったような村がグアルダです。 なるほど評判通りの可愛い村。 それぞれの住民が村を可愛らしく花で飾ってます。 セラミックのお店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダボスからフリューラ峠へ

ダボスはもともと結核などの療養目的で、きれいな空気がたっぷりとあるこの地域にサナトリウムが作られて発展した町です。 今ではダボス・経済フォーラムで有名になりました。 安倍さんも毎年のようにここにいらしたはず。 上の写真が、そのフォーラムで使われるホテルです。 山の中腹に奇妙な形の建物があるために目立ちます。 フ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

帰着報告

終わってしまうとあっという間の帰国でした。 藤の花が見事です。 日本に到着したころはまだ肌寒い印象があって、 東北地方では田植えが終わっていないところも多くありました。 梅雨に入る直前の日本は一番旅行に良い季節かもしれません。 どこも花々や緑が美しかったです。 お天気にも恵まれて、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

仙台から松島へ

お祭りの後は松島へ移動。 夕方到着して、温泉の後は夕食です。 魚尽くしです。おいしかった。 翌朝も素敵な和食 朝食後には瑞厳寺へ。 松島は小学校6年生の修学旅行以来なのですが、全く記憶にありません。初めて来たような気がしました。 なかなかすてきなお寺でした。豪華な襖絵が印象的。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スーツケースに詰める物

日本行の準備中。明日出発です。 スーツケースの半分はお土産、食べる物ばかりです。 **************** 最近スイスのテレビではオーストラリアの税関の様子を見せる番組が人気です。 ご存知のようにオーストラリア政府はよその大陸からの植物や動物の繁殖を厳しく排除しているので、動植物などは一切持ち込めません。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

サムイ島、チヤウエンビーチへ行かれる方へ

タイ旅行を終えて、 是非ともお勧めしたいレストランが、サムイ島のチヤウエンビーチに一つあります。 そのあたりに行かれる予定の方がいらしたら、ぜひ行って見てください。 路地をちょっと入ったところにある 小さな、小さなレストランです。 見逃さないように気を付けてくださいね。 チヤウエンビーチの通りと、中華…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

スイス到着

早朝のスイス到着時は気温3度C. それでも春は確実に来ていて、マグノリアや桜が美しく咲いていました。 今回の旅でガイドさんのお話に興味深い点、ありました。 黄金の三角地帯と呼ばれる場所に行きました・・・タイ、ミャンマー、ラオスがメコン川をはさんで三つの国に分かれているのが目に見える場所です。高台から「右がラ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

休暇の終わり

明日で休暇も終わり。 振り返ってみると・・・・・・・ #食事がおいしい! #物価が安い! #人が親切でニコニコが多い #アジア色(雰囲気)が濃厚 というわけで結果的にはすごく良い休暇だったのではないか、と思っています。 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ スイスの天候をネットで調べたら、気温は4度…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ホテルの選択

最後の滞在先、サムイ島。 ここでのんびりと静かな一週間を・・・・ と期待したのですが・・・・ どうもホテルの選択を間違ってしまったようです。 短期滞在の中国人たちがうるさい。 プールサイドでバカ騒ぎ。携帯に向かって実況中継の大声。たばこの吸い殻もその辺にポイ。オイオイといいた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

キンキンの寺院が多い

こちらはチェンマイ。 古い街で数多くの寺院があります。 タイの寺院は派手なものが多いです。 バンコックなどはあちらもこちらも派手! ヨーロッパから見ると「これぞアジアのイメージ!」となり、観光客にとっては魅力的なのでしょうね。 数多くの家の庭には下の様なミニ寺院(?)があり、毎日その前で祈ったりお備…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

タイ料理

タイ料理は辛いものが多いのですが、慣れてくると徐々に辛さがないと味気なく感じてきます。面白いですね。 肉料理はそれほど印象的なメニューが多くないような気がします。 そんな中で上の写真のムーパッド パイカプラオ がおいしくて、何回も注文してます。 ふつうこのお料理も激辛ですが、お願いするとスパイスを半分にしてくれ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

地元の人用のレストラン

ツアーはガイドと運転手がついて私たち二人だけですので、わがままも可能です。 観光客向けのレストランは確かにトイレもきれいですし、食べるものも安心ですが、物足りなさがつきまといます。いつも同じというか、昼と夜のメニューがほぼ同じだったり。 そこで運転手さんの馴染みのレストランに連れていくようにお願いしました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

タイの北部

暑いです。 それでも毎日何かがあって移動の日々です。 詳細は帰ってからになりますが、まずは写真を。 チェンライの街中にある新しい寺院です。すべてまっしろ。 地獄も真っ白です。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アユタヤ

今日は北へ向かいました。 アユタヤです。 早朝、バンコックを出発。 ワット(寺院)をたくさん見てますが、何しろ熱い。 スイスの3月から来ると、汗がだらだら、難行苦行です。 写真はアユタヤのホテルのプールです。 5星ではないけれどこじんまりしたとても良いホテルです。 早めに観光を終えてひと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今年の休暇はタイへ

明日から出発です。 猛烈に忙しい一週間を過ごしています。 今日も事前にしておくことがたくさんあって…・バタバタしてます。 今年のホリディはタイの北部を中心に回り、その後はコサムイ島のビーチで本当の休暇を取ります。 なかなか皆さんのブログにお邪魔できませんが、コサムイからは何とかなるような気がします。申し訳ないです。ア…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

モロッコの旅を閉めて

古い靴を持って行って良かった! 街の中も、アトラス山脈も、とにかくあるきました。 出かける時に迷ったのですが、結局は履き慣れた古いスポーツシューズにしました。 万が一の時には捨てて来ても良い…と思って。 (まだ履けそうだったので、捨てずにとってあります) それが正解。 道が汚れているし、革染めの場所などはドロドロ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

モロッコの食べ物

レストランを2階から撮った写真です。 ガイドさんが連れて行ってくれるところはなんというか、ヨーロッパ人向けの場所であまり面白くないのですが、2階に案内されたので,吹き抜けの廊下から写真を撮ったら面白いものになりました。 モロッコの食べ物と言えば、 「タジン」です。 年季の入った「タジン鍋」がそのまま届…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

カサブランカ

モロッコを語るときに、カサブランカは外せません。 人口600万のこの街は、映画「カサブランカ」で有名になりました。 イングリッド・バーグマンの切ない演技と美しさが(と言っても若い方にはわからないでしょうけど) (私もクラッシック・リバイバル的な感覚でこの映画を見ました)何とはなしにロマンチックな街、というイメー…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ウズッドのホテルで

そこはアトラス山脈のふもとの小さな町。 外国人が滞在できるようなホテル数は多くなく、西洋式トイレやシャワーが完備されているのは多分2-3軒。 コッテージスタイルで、まあ何とかなるんじゃない?と選びました。 ちゃんとしていましたよ。清潔だし、サービスも丁寧だし、シャワーの温度がぬるま湯程度だった以外には全く文句はありません。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アリさん

私たちについてくれた運転手の名前はアリです。 マラケシュから出発して、マラケシュに戻るまでの6日間、ずっと行動を共にしますので、いろいろなお話ができました。 彼は36歳、ハンサムで誠実・実直、何よりも性格がよい。とても冷静で良い運転手でした。 彼が同行してくれたので、モロッコやモロッコ人への印象が全く違うものになりました。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

フェズからアトラス越え

アトラス山脈を越えます。 フェズの街を後にして、 イフレンーアズルーケ二フラ―ベニメラルーウズッド、ここまでで7時間 ウズッドの小さな宿に一泊。 翌日はアイトベンハッドに向かいます。この日は5時間のドライブ。 途中たくさんのカスバ(砦)や峠、滝などに立ち寄りました。 農…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

モロッコーフェズ

今日は一日フェズの市内観光でした。 カサブランカやヴォルビリスの写真は帰国後にアップしたいと思います。 カサブランカに比べると小さな都会という感じで、人々もマラケシュよりも遠慮がちというか、観光客に対しても控えめな感じです。 どこよりも大きなメディナ(旧市街)があって、中に入ると迷路そのもの。 道…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マラケシュ

写真で取り急ぎ… 宮殿の内部です。 動物の革の染色場です。 すごく臭くて、入り口でミントの枝をもらい耐えられないときには鼻に持っていきます。それで何とか我慢ができます。 有名なスークをあちこち。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

モロッコに来ました

スイスから3時間。ホリデイ中。 xz マラケシュは賑やかな街です。地元の人はコーヒーよりもお茶を飲むことのほうが多いようです。 ホテル、というより、こじんまりとした旅館のような宿、リヤドといいますが、昔のお金持ちのお屋敷を改修したお宿です。ここも6部屋しかない小さな宿です。 ついたばかりで、今…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more